すべての疲労は脳が原因

すべての疲労は脳が原因 by 梶本 修身

梶本 修身

医学博士。
大阪市立大学大学院疲労医学講座特任教授。

東京疲労・睡眠クリニック院長。1962年生まれ。
大阪大学大学院医学研究科修了。

2003年より産官学連携「疲労定量化及び抗疲労食薬開発プロジェクト」統括責任者。

ニンテンドーDS「アタマスキャン」をプログラムして「脳年齢」ブームを起こす…

疲労回復物質の存在が明らかになって以来、
疲労に関する科学的調査が進んでいる。

その結果、
私たちが日常的に使う「体が疲れている」とは、
実は「脳の疲労」にほかならないことがわかった。

疲労のメカニズムとは何か、
最新のエビデンスをもとに解説する。

また、真に有効な疲労対策や乳酸、活性酸素、
紫外線、睡眠との関係なども明らかにし、
疲労解消の実践術を提示する…

  • 運動疲労の正体は脳だった
  • 「疲労」と「疲労感」は別の現象
  • 「飽きた」は脳疲労の最初のサイン
  • もっとも疲れているのは自律神経
  • 疲労が蓄積すると視野が狭くなる
  • 乳酸は疲労の原因ではない
  • 疲れの直接の原因となるのは活性酸素である
  • サングラスで紫外線による疲労を最小限にとどめる
  • 睡眠中は疲労回復因子FRの働きが疲労因子FFを上回る
  • 疲労回復の決め手は睡眠開始の3時間
  • 栄養ドリンクを飲みすぎると疲れはむしろ溜まる
  • 世界初のプロジェクトで判明した疲労回復成分「イミダペプチド」
  • イミダペプチドの抗酸化作用が抗疲労効果をもたらす
  • 「クエン酸」にも疲労回復効果があることが判明
  • ビタミンCとBCAAに疲労軽減作用があるというのは間違い

目次

第1章 疲労の原因は脳にあり
第2章 疲労の原因物質とは
第3章 日常的な疲労の原因はいびきにあった
第4章 科学で判明した脳疲労を改善する食事成分
第5章 「ゆらぎ」のある生活で脳疲労を軽減する
第6章 脳疲労を軽減するためにワーキングメモリを鍛える

すべての疲労は脳が原因

すべての疲労は脳が原因

Amazonに移動する…

MEMO

◆いびきがある人は…
「疲労回復CPAP」で疲労回復効果がある。

◆疲労を回復するには…

毎日100グラムの鶏の胸肉を食べる。

鶏の胸肉にはイミダペプチドが豊富に
含まれている。

イミダペプチドは、
細胞レベルで酸化と損損を抑えて
作業効率の低下を防ぎ、
疲労感の軽減に役立つ。

さらに、レモン、グレープフルーツなどの柑橘類、
梅干し、酢などを食べてクエン酸を摂取すると
さらに効果があがる。

クエン酸で疲労を回復したい場合は、
1日にレモンなら2個、
黒酢なら大さじ1枚、
梅干しなら2個を摂取の
目安とする。

◆脳疲労が溜まっているか調べるチェックリスト

  • ものごとはきりのいいところまでやらないと気がすまない
  • ストレス解消のために体を動かすのが習慣である
  • 責任感があり、遅くまで残業しても苦にならない
  • 日中に眠気があり、大きないびきをかくと言われる
  • 集中力が高く、何かに没頭するとまわりがみえなくなる
  • 疲れたら栄養ドリンクをよく飲む
  • 屋外ですごす時間が長い
  • 長時間のドライブでも途中休憩をあまりとらない
  • 熱めのお風呂に長湯をするのが好きである
  • 休日は遠くのテーマパークやアウトレットに足を延ばす

以上10項目のうち、
ひとつでも思いあたることがあれば、
脳疲労が蓄積している可能性がある。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする