世界最強の商人

世界最強の商人 by オグ・マンディーノ

オグ・マンディーノ

1923年米国生まれ。
42年陸軍航空隊入隊。

第二次世界大戦後は貧しくアルコール依存となり結婚生活も破綻。

ある日、図書館で成功哲学の巨匠たちの本と出会い開眼。
保険会社で成功し65年に雑誌編集者となり、68年初の著書「世界最強の商人」が世界25ヶ国語に翻訳され大ヒット…

人生の成功の原理と真実を説き、
世界中の経営者たちが愛読した名著!

教えを守ると世界最強の商人になれる!

ある善行がきっかけで、
少年ハフィッドは師から突然、
成功のための秘訣が書かれた10巻の巻物を譲られた。

巻物の教えに従い大成功した彼は、
巻物を継ぐにふさわしい人物を密かに待ち続ける。

時は流れ、年老いたハフィッドを埃まみれの青年が訪ねてくる。

二人を結びつけたのは“奇跡”だった…

目次

第1章
第2章
第3章
第4章
第5章
第6章
第7章
第8章 巻物の第1巻(私は今日から、新しい人生を始める)
第9章 巻物の第2巻(私は今日という日を心から愛をもって迎えよう)
第10章 巻物の第3巻(私は成功するまでがんばりぬく)
第11章 巻物の第4巻(私はこの大自然の奇跡だ)
第12章 巻物の第5巻(私は今日が人生の最後の日だと思って生きよう)
第13章 巻物の第6巻(今日、私は自分の感情に主人になる)
第14章 巻物の第7巻(私は世間を笑おう)
第15章 巻物の第8巻(今日、私は自分の価値を100倍にする)
第16章 巻物の第9巻(私は今、行動する)
第17章 巻物の第10巻(私は商人として次にように祈る…)
第18章

世界最強の商人

世界最強の商人

Amazonに移動する…

MEMO

◆今日、自分の価値を100倍にする

まず、今日の目標を設定してから今週の目標、
今月の目標、今年の目標と次々に設定し、
最後に人生の目標を設定する。

麦の粒が殻を破って芽を出す前に
雨が降らなければならないように、
人生が具体化する前に、
人生の目的を持つ必要がある。

人生の目的を設定するには、
過去の最高の業績を考慮して、
それを100倍にしよう。

これが将来の生き方の基準になる。

目標が高すぎると心配する必要はない。

  • 私は低すぎる目標を設定するという恐ろしい過ちは犯さない。
  • 私は失敗者が試みようとしない仕事をする。
  • 私は常に自分の手の届く範囲以上を目指してがんばる。
  • 私は市場での自分の業績に絶対に満足しない。
  • 私は目標が達成されたら、すぐにより高い目標を設定する。
  • 私は常に次の1時間に、今の1時間よりも高い業績を上げるように努力する。
  • 私は常に自分の目標を世間に宣言する。

しかし、私は自分の業績を自慢しない。

その代わり、世間が私を高く評価しれくれるなら、
それをありがたく謙虚に受け止めよう。

◆もし…

弱者とは、自分の感情が行動を支配するのを
許す人のことである。

強者とは、自分の行動によって感動を支配する人のことである。

毎朝目覚めたら、
次のような作戦を実行しよう。

  • もし、気分が沈んでいたら、歌おう。
  • もし、悲しかったら、笑おう。
  • もし、気分が悪かったら、仕事を倍にしよう。
  • もし、怖かったら、頭から飛び込んでいこう。
  • もし、劣等感を感じたら、新しい服に着替えよう。
  • もし、自信を失ったら、声を高めよう。
  • もし、貧しさを感じたら、来るべき富を考えよう。
  • もし、能力に自信をなくしたら、過去の成功例を思い出そう。
  • もし、卑屈になっていたら、自分の目標を思い出そう。
  • 今日、私は自分の感情の主人になる。

微笑みを浮かべて親しげな友人として接近してくる人々が、
私を破滅させることもあるだろう。

それらに対しても、警戒の手を緩めてはならない。

  • もし、自信過剰になったら、失敗したときのことを思い出そう。
  • もし、贅沢になったら、昔の飢えた日のことを思い出そう。
  • もし、自己満足に陥ったら、競い合っていたときのことを思い出そう。
  • もし、自分の偉大さに酔いしれたら、恥辱の瞬間を思い出そう。
  • もし、自分が全能だと感じたら、風が止められるかどうか試してみよう。
  • もし、巨万の富を得たら、飢えた人がいることを思い出そう。
  • もし、寛大になったら、無力だったときのことを思い出そう。
  • もし、自分の技が誰にも負けないと感じたら、星を見上げよう。
  • 今日、私は自分の感情の主人になる。

◆私は今、行動する

私の夢は無価値だ。

私の計画はゴミだ。

私の目標は無駄だ。

だれもみな、
行動が伴わければまったく
無価値なのだ。

唯一行動だけが火をつける点火材だ。

私の夢も、私の計画も、私の目標も、
行動があってはじめて命を吹きこまれ、
生きた力になる。

行動こそ、成功のための食べ物であり、
飲み物なのだ。

◆今日、私は自分の価値を100倍にする

まず、私は今日の目標を設定してから今週の目標、
今月の目標、今年のも苦行を次々に設定し、
最後に人生の目標を設定する。

人生が具体化する前に、
私は人生の目的を持つ必要がある。

人生の目標を設定するには、
過去の最高の業績を考慮して、
それを100倍にしよう。

これが将来の私の生き方の基準になる。

◆私は世間を笑おう

笑うことができさえすれば、
私は決して貧乏にはならないだろう。

笑うことは自然が私に与えてくれた最大の贈り物だ。

だから私はこの贈り物をもう無駄にはしない。

笑いと幸せがあって初めて、
私は本当に成功することができる。

◆今日、私は自分の感情の主人になる

今日から私はすべての人間の、
そして私自身の感情の神秘性を認め、
理解しよう。

この瞬間から、私は日々、
自分の中にどんな人格が生まれようとも、
コントールする用意ができている。

私は積極的な行動によって
自分の気分を支配する。

そして自分の気分を支配できたとき、
私は自分の運命を支配するだろう。

◆私は今日が人生の最後の日だと思って生きよう

そして、もし今日が私の最後の日であるならば、
今日は私の最も偉大な記念碑となるだろう。

私は今日を私の最良の日にしよう。

私は今日の1分1分を十分に味わって飲みつくし、
感謝しよう。

私は時間を1分たりとも無駄にせずに、
価値あるものと交換しよう。

◆私はこの大自然最大の奇跡だ

大自然は敗北を知らない。

自然は最終的には勝利する。

そして私も同じだ。

勝利を勝ち取るたびに、
次の問題はより易しくなってゆく。

私は勝ち、そして私は偉大なセールマンになる。

なぜならば、私はこの世で唯一の存在だから。

◆私は成功するまで頑張り抜く

私は昨日までの成功で自分を甘やかし、
今日の自己満足にはしたくない。

なぜならば、それこそが失敗の最大の原因になるからだ。

私は過ぎ去った日のことは、
良いことであれ悪いことであれ、
すべて忘れよう。

そして今日こそが人生の最高の日になるように、
新しい日の出を自信をもって迎えよう。

◆私は今日という日を心からの愛をもって迎えよう

そうすれば、私は必ず成功する。

今から私はすべての人を愛そう。

今この瞬間から、
憎しみを私のすべての血管から追い払おう。

なぜなら、
私には憎いんでいる時間はないからだ。

愛するためだけに時間を使いたい。

◆良い習慣の奴隷になれ!

失敗とは、
それが何であれ、
その人生の目的に到達できないこと。

実は、失敗者と成功者の間にある
たった一つの違いは「習慣」の違いだ。

良い習慣はあらゆる成功のカギである。

悪い習慣は失敗に通じる
カギのかかっていないドアのようなものだ。

それゆえ、他のすべてに優先して、
あなたが従う第1の法則は
「あなたは良い習慣を身につけ、その奴隷になる」
ということだ。

◆もし、成功しようとする決意が十分に固ければ、失敗することはない


◆私は成功するまで頑張り抜く

私は敗北するためにこの世に生まれてきたわけではない。

また、失敗が私の血管の中を駆け巡っているわけでもない。

私は羊飼いにつつかれて動く羊ではない。

私はライオンだ。

私は羊と一緒に話したり、
歩いたり、眠ったりしたくない。

失敗という墓場に送られるのは私の運命ではない。

私は成功するたまで頑張り抜く。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする