人は何で生きるか

人は何で生きるか (トルストイの散歩道) by レフ トルストイ

世界的大文豪トルストイの
短編を集めた民話シリーズ!

大文豪だからと
敬遠していたのは間違い!

読んでみると
ちっともむずかしくない!

この民話では、
次の3つの課題が分かりやすく
解説されています。

  • 人の心の中には何があるか
  • 人は何によって生きるのか
  • 人が知る力をあたえられていないのは何か

目次

人は何で生きるか

人は何で生きるか

Amazonに移動する…

MEMO

神がミハイルに与えた

  • 人の心の中には何があるか
  • 人は何によって生きるのか
  • 人が知る力を与えられていないのは何か

という3つの課題は、
寒さの中、裸で凍えているひとりの男を、
どうしても見て見ぬふりをすることのできなかった
セミヨンとマトリョーナの心の中にあった「愛」である。

両親を亡くした双子が生きのびることができたのも、
我が子と同じようにお乳を含ませているうちに、
百姓の妻の心に自然に湧き出た「愛」があったからである。

そして、
もうひとつは人の生き死には誰にも決められないということ。

◆人には、
自分の死を知る力が与えられていない!

なぜか?

それは…

自分がいつ死んでも
悔いのないような
生き方をしなければいけない

からである。

明日のことを悩む!

1週間後のことを悩む!

1ヶ月後のことを悩む!

1年後のことを悩む!

でも、これは自分の死が
いつくるか知っている
ことを前提としている。

でも、残念ながら人は
自分がいつ死ぬかは分からない。

いつ死ぬか分からないのに
未来のことを悩んでも
仕方がない。

それよりも、
「今、この瞬間」
を悔いのないように
生きる!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする