1日36万円のかばん持ち

1日36万円のかばん持ち(小山 昇)

株式会社武蔵野の社長である小山 昇さんの著書です。

経営の3種の神器
のエッセンスが身につく!

三流が一流に変わる40の心得!

真実は現場にしかない!

1日36万円のかばん持ちでわかった衝撃の事実!

三流・二流・一流の分かれ目を
「40の心得」として初公開!

三流は、「借金は悪」と考える。

二流は、「時には借金は必要」と考え、「すぐに」返す。

一流は、「とことん限界まで」借り、「なかなか返さない」。

三流は、「よいこと」にこだわる。
二流は、「損得」にこだわる。
一流は、「成果」にこだわる。

三流は、売上「額」が第一。
二流は、利益「率」が第一。
一流は、利益「額」が第一。

天国と地獄の分かれ目は
ほんのちょっとの着眼点!

「かばん持ち」で体感できる5つのこと…

  1. すき間時間の使い方、
  2. 情報の集め方、
  3. 社員のほめ方、叱り方、
  4. お金の見方、
  5. 健康の保ち方。

目次

【特別企画】初公開! 1日36万円の「かばん持ち」図鑑
【心得1】どんなに売上を上げても、手元に「現金」がなければ、「2年後」に黒字倒産する
【心得2】「社内不倫」の疑いがあれば、その情報を社内全員に一斉メールせよ
【心得5】「社長の実力=会社の実力」は大間違い! ナンバー2の実力こそ、会社の実力である
【心得6】ハウステンボス、ディズニーランド、旭山動物園……3つの共通点とは?
【心得8】「10種類」のメニューがあるラーメン屋より「1種類」のメニューしかないほうが、どうして儲かる?
【心得10】「月1回、1回20分、朝9時前から」の銀行訪問が融資を引き出す必殺技
【心得11】金利が高かろうと、使い道がなかろうと、「限界まで借金をして、なかなか返さない」が正しい
【心得15】社長がお歳暮を直接届ければ、30年間、ライバル会社からお客様を守ることができる
【心得18】パチンコと経営の非常識な関係! パチンコ勝率と社長の実力は比例する!?
【心得19】なぜ、ランチェスター戦略の本質は「ジャンケン」にあるのか?
【心得28】一般社員は「日」単位、幹部社員は「時間」単位、一流社長は「秒」単位
【心得29】「電車の乗り方」だけで、社長の実力が見抜ける理由
【心得30】「率」は主観、「額」は客観
【心得32】質より「スピード」! 〝テキトー〟に1秒でも速く決断する5つのコツ
【心得33】「8割右肩下がり」&「35%が赤字」でも、なぜ、「15年連続倒産ゼロ」なのか?
【心得34】30年以上風邪をひかない5つの健康法
【特別付録】三流が一流に一夜にして変身! 3日で108万円払った社長も知らない役立つ着眼点・習慣・秘録リスト24
【コラム】美人社長が「かばん持ち」を決断した「不純な動機」とは?
【コラム】車中の密談のすべてを知る謎の「タクシードライバー日誌」

Amazonに移動する…

book211

MEMO

◆結果を出している人の習慣を真似る!

結果を出している人には必ず理由があって、
多くはその人の「習慣」になっている。

だとしたら、結果を出している人の習慣を学び、
マネをしたほうがいい。

◆天国と地獄の分かれ目は…
ほんの些細な着眼点にある。

◆経営は、現金に始まり、現金に終わる!

どんなに売上を上げても、
手元に「現金」がなければ黒字倒産する。

あるインターネットの広告代理店は、
グーグルやヤフーのPPC広告の費用を
全額「前払い」していた。

だから、お客からの入金はあとになり、
お金が足りなくなる。

現金が足りなくなるから、
社長は自分のクレジットカードを7枚も作って
1年間でなんと9億6000万円をカードで支払っていた。

クレジットカードで貯まったマイルが
700万マイルにもなった。

そこで、この社長はどうしたか?

PPC広告費を自社で払うのではなく、
顧客自身にクレジットカードを使って
グーグルやヤフーに直接支払ってもらうことにした。

この場合、売上は減るが、手数料収入のビジネスに
変えたことによって、立替金がなくなり、
安定的に現金が残るようになった。

会社には、できれば月商の2倍の現金を
用意しておくべきである。

少なくとも、月商と同じ現金は必ず用意すること。

現金は会社の血液である。

◆ハウステンボス、ディズニーランド、旭山動物園の共通点は?

お客さんが飽きないように
「利益を未来に投資」している。

この3社は、アトラクションや施設を常に新設している。

会社にとって重要なことは、
「これから先も、存在し続けること」である。

必要最低限な利益を確保したら、
あとは未来に投資する。

極論を言えば、今はどうでもいい。

たとえ、「今」儲かっていても、
3年後に会社が倒産したら意味がない。

◆飲食店ではクレジットカードではなく現金で払う!

なぜか?

たとえば、飲食店の支払いが50万円だとする。

これを現金でポンと50万円支払うと、
お店の人に覚えてもらいやすい。

そして、覚えてもらうと次回の接客が変わる。

飲食店の社長が挨拶にくるようになる。

◆資金に余裕があっても繰り上げ返済してはいけない!

金利は、会社が成長するための必要経費と考える。

金利をたくさん払っても、
たくさんのお金を借りて、
現金をたくさん持っておくべきである。

借りたお金は、お客を増やすため、
ライバルと差をつけるために使う。

繰り上げ返済がいけない3つの理由:

  1. 会社が赤字でも、現金があれば倒産しない
  2. 銀行が損をするから➡恩を仇で返すことになる
  3. 銀行は「緊急支払い能力の高い会社に貸す」から

◆自分の考えを捨てられない社長は、会社を危険にさらす!

人も会社も「実行して変わる」。

内心「自分の考えと、メンターの考えが違う」
と思っても、メンターの言うとおり実行する。

自分で考えても成果がでなかったのだから、
成果が出ているメンターのやり方を取り入れてみよう」
と考える。

◆経営は「仮説と検証」がすべて!

仮説と検証をして、
うまくいかなかったら、
「どうしてだろう?」と考える。

物事を一方向から見るのではなく、
「こっちの方向から考えるか、
あっちならどうか」を検証する。

仮説を立てない人は、
当たるか外れるかを「運」にまかせるしかない。

データをもとに「どうして」
「どうすれば」を繰り返し検証して、
「法則」や「原理原則」に目を向ける。

◆常に安いほうを選ぶのは…
経営者として間違っている。

◆6回失敗すれば、7回目には成功する!

新しいことにチャレンジするときに、
成功する確率は50%。

失敗する確率も50%である。

たとえ当てずっぽうでも、
50%の確率で当たる。

失敗したら、もう一度やり直す。

このときも、成功と失敗の確率は50%ずつであるが、
失敗確率の50%の半分は25%なので、
この時点で、成功確率は75%である。

このように考えていくと、
6回も失敗すれば成功の確率は99%となる。

多くの人は、1回で成功させようとするが、
大事なことは、失敗をしないことではない。

トライ&エラーを繰り返しながら、
少しずつ正解に近づいていけばよい。

◆今の若者はストレスに弱くなっている

人材の定着を図るためには、
社員のストレス耐性に留意しなければいけない。

今の若い人は、ストレスを忌避する傾向が
これまでの世代よりも強い。

特に、2015年の新卒者から、
圧倒的にストレス耐性が弱くなっている。

したがって、今の時代は
ストレスに弱い人を雇って、
少しずつストレス耐性を強くするしかない。

ストレスに負けない人をつくるには:

  1. 社長と幹部、幹部と社員のコミュニケーションを増やす
    ストレスに弱くなった原因のひとつは、ゲームやスマホへの依存度が高まり、人とのコミュニケーションが少なくなったから。
  2. 傾聴に徹する
    今の若い人は、上からの一方的な指示はストレスになるだけ。なので傾聴に徹する。「ああしろ、こうしろ」ではなく、「キミはこの会社でどうしたいのか、どうありたいのか」を本人から聞き出す。そして、本人の希望を実現するためのアドバイスを行う。そうすれば、若者はそれほどストレスを感じずに受け入れるようになる。

◆家庭と仕事、優先すべきはどっち?

家庭の平安あってこそ、
充実した仕事ができる。

会社がどれほど儲かっても、
社員の家庭が幸せでなければ意味がない。

家族仲を健全に保てないと、
仕事のパフォーマンスが下がる。

そのためには、家族を犠牲にしない。

家族と過ごすコミュニケーション
の時間を持つことが大切である。

少なくとも1週間に1度は、
家族のための時間を取る。

家族に支えられているからこそ、
充実した仕事ができる。

グロービス経営大学院大学学長の
堀義人さんは、1週間に4回子どもと
いっしょに食事する約束をしている。

そして、それを守っている。

◆隙間時間は「秒単位で管理」

デキる人は、細切れ時間をムダにしない。

1分1秒でも時間があれば、
少しでも仕事を進める。

スキマ時間を有効に活用するには、
いつ、どこで何をやるのか予め決めておく。

まとまった時間があるときはこれをしよう。

スキマ時間にはこれをしよう。

電車に座れたらこれをしよう。

座れなかったらこれをしよう。

と予め仕事(やること)を準備しておく。

だから、手持ち無沙汰に過ごすことがなくなる。

外出先での細切れ時間を活用するコツは、
「いつ、どこで、どの仕事をするのか」
を予め決めておくことである。

◆経営を「率」で考えると、判断を間違える!

たとえば、次の2社があるとする。

どっちの社長が優秀か?

A社:前期の売上が1000万円、今期は200%の成長率
B社:前期の売上が1億円、今期は150%の成長率

経営には、粗利益率、労働分配率、成長率など
さまざまな「率」がある。

社長の多くは、経営を「率」で考えるクセがある。

でも、それは間違いである。

「率」にこだわり過ぎると、会社の実態を見誤る。

売上も、仕入れも、経費も、
会社はすべて「額=現金」で経営している。

成長率がどれだけ上がろうと、
「現金」がなければ、社員に給料を払うことができない。

経営における正しさとは、
利益目標を「100%達成すること」ではない。

「率ではなく額で考える」。

達成率よりも重要なのは、達成額である。

したがって、質問に挙げたA社とB社では、
B社の社長が優秀である。

A社は、成長率200%だが、
今期の売上は2000万円(増加額は1000万円)。

一方のB社は、成長率が150%だが、
今期の売上は5000万円増えている。

つまり、B社はA社の5倍も「額」を増やしたことになる。

「率」だけで考えればA社のほうが優秀に思えるが、
「額」で考えると、実績を上げているのはB社だと分る。

◆決定の正しさは、悩んだ時間と無関係!

稼げない人は、決断するのが遅い。

「ああでもない、こうでもない」
「どっちが得で、どっちが損か」
とグズグズ考えてしまい、
大切な時間を失っている。

1時間で出した結論と、
1週間かけて出した結論が同じなら、
1週間という時間をムダにしたことになる。

決断に時間をかけない。

即断即決がよい。

即断即決の「5つ」のコツ:

  1. 損することを怖れない
    物事を決められない人は、「損をしたくない」と考えている。でも、新しい決定をすれば失うものもあるが、得られるもののほうが多い。
  2. 正しさを求めない
    正しさよりも「速さ」を大切にする。極論を言えば、適当でもいいから、スタートして、途中で間違いに気がついたら、そのときに修正すればいい。実行するのが速いほど、間違いに気づくのも速くなり、修正も速くなる。
  3. 先に結論を決めておく
  4. 自分に都合の悪い方を選ぶ
    自分に都合の悪いことを見ようとしなかったり、自分に都合よく解釈すると、その場しのぎの判断はできても、根本的な問題解決にはならない。
  5. 体験から判断する

悩んでも悩まなくても、
結果は変わらないことが多い。

決定の正しさは、
悩んだ時間とは無関係である。

長時間悩んでも正解率は上がらない。

とくに社長の決定は、スピードが命である。

◆P/LよりB/Sを常に見る!(転売者必見)

P/L(損益計算書)は1年間の業績をまとめて
「いくら儲かったか」「いくら損をしたか」
を知るための決算書である。

いくら売上があって、いくら経費を使って、
最終的にいくら利益(損失)が出たかを示す。

P/Lを見て「これだけ利益が出ている」
と喜んでも、それは在庫や売掛金になっていることが多い。

「現金が社内にどれだけあるか」は、
P/Lを見てもわからない。

どんなに利益が出ていても、
現金がなければ会社は潰れてしまう。

B/S(貸借対照表)は、決算日現在の
会社の財産状況をまとめたものである。

資本金や利益余剰金(純資産)がいくらあって、
いくらお金を借りていて(負債)、
どのように運用されているか(資産)を示している。

日常の損益の計算と、現実的なお金のやりくりを
一緒に考えてはいけない。

現実的なお金のやりくりは、
すべてB/Sに記載されている。

社員と社長が力を合わせた結果
(売上、利益など)を正しく計算するのはP/L。

お金がどういうふうに動いたか
(どのように調達して、どのように使ったか)
を示しているのはB/Sである。

「P/Lは社員」が関わっていて、
「B/Sは銀行」が関わっている。

B/Sをベースに、
「長期的にどのようにお金を調達し、
どのように使うか」を見ていくと、
事業構造を変えないと、現金が回らないことに気がつく。

Amazonなどで転売をしている人は、
P/Lだけを意識している。

特に、利益額ではなく利益率が大切だと思っている。

クレジットカードで仕入れていると
現金がいくらあるかあまり意識しない。

そしてクレジットカードの支払いがきたときに
現金がなくて支払いができないといったことになる。

また、P/Lだけに注目していると
在庫(棚卸し資産)がたくさんあることに気がつかないで
現金が不足することになる。

◆健康管理

50歳過ぎたら「体力を上げる」とか
「取り戻す」とう考え方を捨てる必要がある。

あくまでも「今ある体力を維持する」ことを目標にする。

加齢とともに体力が衰えるのは自然の理なので、
「なるべく去年の体力を維持しよう」と努める。

5つの健康法:

  1. よく寝る
    基本は21時~4時(7時)の睡眠をとる。
  2. 食事に気をつける(お米:無農薬、魚:天然モノ、野菜:無農薬)
    少しくらい値段が高くても、おいしくて健康なものを食べる。食費を切り詰めて栄養バランスが崩れ、健康が害してしまったら、本末転倒である。医者にかかる費用より、食事代のほうが安い。
  3. 夕食時は適度なお酒を飲んでもよい
  4. 夏は厚着、冬は薄着
  5. たくさん歩く (1日 8000歩~1万歩)
    エスカレーターは使わず、階段を使う。

◆社長が借金すべき「3つ」の理由

借金は善、借金をする社長=優秀な社長である。

なぜか?

お金を持っていれば持っているほど、
経営の安全につながる。

設備投資するために…、
ライバルに差をつけるために…、
お客様へのサービスを向上させるために…、
新規顧客を獲得するために…
未来への投資は欠かせない。

では、投資の原資はどこから確保するのか?

中小企業には、すべてを自己資本でまかなうほどの体力はない。

したがって、「銀行から借りる」以外にない。

「融資を受けない」ということは、
「会社を成長させない」ことと同じである。

借金すべき理由は、次の「3つ」:

  1. 不測の事態を乗り切ることができる
  2. 借り入れと返済実績があれば、継続的な融資が受けられる
  3. 事業に専念できる

◆弱点克服 VS 長所強化

人も会社も、欠点をなくしたとたん、失速する。

おおくの人は、
「自分の欠点や弱点をなくしたい」と考え、
試行錯誤を繰り返す。

もちろん、それは大切なことである。

でも、自分の欠点をつぶすこと以上にもっと大切なことがある。

それは、「自分のよいところを伸ばすこと」である。

人も、会社も、欠点をなくしてはダメである。

なぜか?

欠点を取り除くと活力がなくなる。

欠点を直すよりも、自分、会社の強みを伸ばしていくほうがよい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする