「好き」を「お金」に変える心理学

「好き」を「お金」に変える心理学 by メンタリストDaiGo

メンタリストDaiGo

人の心を読み、操る技術「メンタリズム」を駆使する日本唯一のメンタリスト。
企業研修や講演、コンサルティング、遺伝子解析企業の顧問、大学の特任教授、TV番組への出演など、幅広い分野で活躍する…

使えば使うほどお金が生まれる
「無限ループ」のつくり方を大公開!

お金は使わなければただの紙切れ、
「貯金」は成功のチャンスを遠ざける、
「稼ぐ」だけでは幸せになれない。

無限にお金を生み出し、
自由に生きるために大切な17の新常識…

目次

prologue あなたの人生の幸せには、どのくらい「お金」が必要ですか!?
第1章 幸せを遠ざける、お金に関する不都合な三つの事実
第2章 「好きなこと」を極めるために大切なこと
第3章 お金を生み出す五つのチャンス
第4章 スキルを磨く再投資七つのルール
epilogue 改めて「お金」とは?「稼ぐこと」「使うこと」とは?

「好き」を「お金」に変える心理学

「好き」を「お金」に変える心理学

Amazonに移動する…

MEMO

◆「おカネ」と「幸せ」のバランスをとるには?

自分が何をやりたいのか?

どんなことが好きなのか?

といったことをトコトン考えてみる。

たとえば、
あなたは新しい知識を求め、
本を読み、世界を広げていくこと。

それが自分にとっての人生の中で
一番楽しいことであり、
価値あることだとする。

衣食住に困らず暮らせて、
好きなだけ本を読めればいい。

これがあなたにとって、
ちょうどいい器だとする。

本を読むことをおカネの柱だとした場合、
出費は本の購入、快適な読書環境の追求、
本を読むための時間を作ることの
3つに絞られる。

自分の知識欲に沿って好きなだけ本が買えること。

誰にも邪魔されず、
気分よく集中して本が読める環境を整えること。

買った本を読むための時間を捻出する
自由を手に入れること。

この3つのことにおカネを使うことで、
幸せになれる。

そして、それが実現できるだけ稼げば、
幸せな状態を維持できる。

こうなると、
おカネに振り回されることはなくなる。

つまり、自分の好きなことを掘り下げ、
自覚することで「おカネ」と「幸せ」の
バランスが見えてくる

「おカネ」の悩みから抜け出すには、
自分が満足できる器、充足感を覚える環境が
どのようなものかを知ることが欠かせない。

おカネについて考えることは、
あなた自身を掘り下げ、
幸せにつながる道を探り出す行程でもある。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする