孤独を悩むな。

孤独を悩むな。~自分を強くする異端な生き方 by 川北 義則

川北 義則

1935年、大阪生まれ。
慶應義塾大学経済学部卒業。
東京スポーツ新聞社に入社し、文化部長、出版部長を歴任。
77年に退社後、独立して日本クリエート社を設立する。
出版プロデューサーとして活躍するとともに、生活経済評論家として新聞、雑誌などに執筆。講演も多い…

孤独を味方につける指針!

嘲笑、批判、無視、不都合…
本物の大人ならすべて心地いい。

不安ばかりのいまを堂々と生きる処世訓
群れず、媚びず、寄りかからず。

会社や家族に頼ることなく、
自立した人生を送るための指針!

目次

第1章 「流されない軸」をつくるために
(橋を叩いて渡るのはつまらない。誰も渡りたがらない橋が面白い。/孤独の道を気にするな。揺るがない意志には「粋」の心が宿る。 ほか)

第2章 自分に正直に生きるために
(「お世辞」は、ただ媚を売るだけ。「人たらし」なら、逆らっても愛される。/礼儀作法は人を測る尺度だ。その有無で人間性の底がわかる。 ほか)

第3章 誇りをもった「独立独歩」のすすめ
(「十分の九」の意見を頼らない。「十分の一」の可能性を信じてみる。/権勢や肩書きに頼った「ずるい生き方」はしてはいけない。 ほか)

第4章 行動から固定観念を変える
(どう動くかは考える。動く理由やその結果は考え。ほか)

孤独を悩むな

孤独を悩むな

Amazonに移動する…

MEMO

孤独を悩むな

◆おカネの使い方は難しい
その人の品性がわかるからだ

◆新しい知識
視野を得るためには
30歳離れた
知り合いを作る

◆情報との出会いも
一期一会だと思うこと

この情報とは、
この瞬間を逃したらもう会えない。

今日をかぎりにもう一生出会うことはない。

そのくらいの気持で接する。

◆自分が行動したことすべては、
取るに足らないことかもしれない。

しかし、行動したというそのことが重要なのである。

by ガンジー

◆旅はひとりにかぎる

孤独にならないと
真の自分はわからない

◆智に働けば角が立つ。
情に棹させば流される。
意地を通せば窮屈だ。
兎角に人の世は住みにくい。

これは夏目漱石「草枕」の冒頭の一節である。

知識や理性に頼って行動すれば、
人とぶるかることになる。

人情のままに動いていると、
他人を思いすぎて自分を見失う。

意地を張れば、
世間が狭くなる。

世の中というものは、
いずれにしたって、
生きにくいものだ、
というのが大意である。

◆できることを見据える。
やるべきことを見極める。

長期的展望に立って仕事やものごとを考えても、
たとえば、3年先がどうなっているかなんて
誰にもわからない。

いや、1年先の状況だって読めないのが、
いまの世の中である。

きわめて未来予想図が描きにくい。

それが現代の特徴である。

そのような時代にあって、
「いまは無理だけど、
来年になったら、
こんなことをしてみたい」
という考えはダメである。
悠長に構えていては何も実現できないのだ。

いまやりたいこと、
できることをやっていく。

◆迷う、ということは一種の欲望からきているように思う

ああもなりたい、こうもなりたい、
こういうふうに出世したい、
という欲望から迷いがでてくる。

それを捨てれば問題はなくなる。

by 松下幸之助

◆虎の威を借る狐
ass in a lion’s skin

権勢、権力を持っている人の存在を匂わして、
威張る人間のこと。

これはずるい生き方の典型である。

◆「10分の1」の可能性に賭けてみる

たとえば、新規の企画を立てて、
何人かの人にヘアリングしたとする。

そこで、10人中7人、8人が「いいですね」
「面白い」という企画はダメ。

10人のうち9人が難色を示すなかで、
たった一人が、
「この企画、面白じゃないか。
売れるか売れないか、やってみなきゃわからないけど…」
という企画が予想だにしない結果を生む。

「10分の1」の判断に、
大きなる可能性が潜んでいる。

必要なのは、10分の1の可能性を信じることと、
10分の9の判断に惑わされないことだ。

◆「人」を動かす極意とは?

ビジネスでは「人を動かす」ことも重要なポイントになる。

しかし、人はなかなか思うように動いてくれない。

人を動かす極意は、太平洋戦争時の連合艦隊司令長官だった
山本五十六はこう説いている。

「やってみせ、言って聞かせて、
させてみて、誉めてやらねば、
人は動かず」

キーワードは「褒める」ことである。

これは、あなたの子どもにも効果覿面であることを保証する。

◆「わがまま」を批判されたら喜べ!

異端者は総じて言動が
わがままだから、周囲にしてみれば、
めだったり、目に余ったりする。

したがって、そこで、
さまざまな批判が噴出するのは
想像に難しくない。

だが、わがままのどこが悪いのか?

わがままとは、
自分の意のままに素直に生きること、
ぶれずに自分を貫くことだ。

他人から批判されないために、
自分を抑えるというのでは、
まさしく本末転倒である。

◆仕事の効率をとるか
上司のメンツを重んじるか?

たとえば、直属の上司に不満を持っている人は少なくないはず。

仕事の指示を仰いでもなかなか明確な答えが返ってこないし、
決裁を求めても煮えきらず、判断が遅い。

いわゆる「できない上司」はその典型だ。

その一方で、さらにその上の上司は仕事の能力も高く、
指示や判断も的確ですばやい。

そこで、部下としてはこう考える。

「課長にいってもいっこうにラチがあかない。
ここは部長に直接、話を持っていったほうが早いな」

直属の上司を飛び越して、
その上に接触しようというわけだ。

仕事の効率ということからすれば、
合理的な考えといえるが、
蚊帳の外に置かれた直属上司のメンツは
確実につぶれる。

仕事の効率をとるか、
上司のメンツを重んじるか、
二者択一の場面だが、
サラリーマンであるかぎり、
メンツは重んじなければならない。

企業は階級組織なのだ。

仕事の能力とはかかわりなく、
直属の上の人間は立てる。

◆礼儀作法は
人を測る尺度だ。

その有無で
人間性の底がわかる、

人間関係において一番大事なもな何か?

「礼儀」である。

礼儀は異端に生きようとすればするほど、
より重みが増す。

◆清貧を主張する人たちに聞かせてあげたい
田中元首相のエピソード…

田中派の若手議員が窮地に立ち、
電話で100万円の借金を願いでると、
元首相は短くひとこと
「わかった」と請け合った。

元首相の秘書が若手議員の
事務所に紙袋を持って到着したのは
30分後。

議員が開けると紙袋のなかには
300万円の現金が入っており、
簡単なメモがついていた。

メモに書かれていたのは…

「100万円で事態にケリをつけろ

残りの200万円のうち
100万円は、苦労をかけた人たちに
旨いものを食わせてやれ

最後の100万円は万一に備えて
とっておけ」

そして、
最後に「返済無用」
と書かれていた。

この言葉、清貧を主張する人たちに
聞かせてあげたい…

◆ルールに従順な人間になるな!

交通ルールは事故を減らすためにある。

しかし、ルールを守らせること自体を、
人々に強制する装置になることがある。

車の影さえ見えない田舎の横断歩道で
じっと青になるのを待つ人は
国に従順な人だが、
信号無視の車にはねられるリスクが
高い人かもしれない。

車が赤信号で止まる保証はない。

身を守るためには
ルールよりも目の前の状況を
信用した方がいい。

◆自分が出したアイデアを、
少なくとも1回は人に笑われるようでなければ、
独創的な発想をしているとは言えない

by ビル・ゲイツ

◆自信は成時の秘訣であるが、
空想は敗時の源泉である

by 岩崎弥太郎

◆時には常識や知識から開放され、
思いつきというものを大切にしてみてはどうだろうか

by 松下幸之助

◆常識ある人は、
自分を世間に合わせようとする。

非常識な人は、
世間を自分に合わせようとする。

by ジョージ・バナード・ショー

◆常識とは人が18歳になるまでに
集めた偏見のコレクションである

これは、アルバート・アインシュタインの言葉である。

◆形なし

これまで「型破り」なことを
たくさんやってきたけど、
それは形があったからできたこと。

過去から学ばずに新しいことをやるのは、
「形なし」という。

あっちにふらふら、
こっちにふらふらして、
お客様にウケそうなものだけを
やっているのは、
形なしなんだ。

by 中村勘三郎

型破り(異端、個性派)になりたかったら、
腰を据えてじっくり、
しっかり型を固めてから行うこと。

◆恐れることはない…
たとえ孤独になろうとも、
異端に生きる力さえあれば、
どんな困難も乗り越えられる。

◆異端とは…

▶群れない
▶媚びない
▶寄りかからない

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする