なぜアマゾンは「今日中」にモノが届くのか

なぜアマゾンは「今日中」にモノが届くのか by 林部健二

林部 健二

米系ラグジュアリーブランドにてMDを経験後、2001年アマゾンジャパン立ち上げへ参画。
サプライチェーン部門、テクニカルサポート部門責任者を歴任し、立ち上げからの約10年間アマゾンジャパンの成長に貢献する。

その後、大日本印刷、ドコモが出資するオンラインベンチャー企業及び大手ワイン会社にてEC部門を統括。
2014年株式会社鶴を設立。
欧米企業のEC事業管理手法をベースに、数々の企業にて日本のオンラインマーケットにあったEC事業運営を構築、コンサルティングを行う…

アマゾンジャパン立ち上げメンバーとして、サプライチェーン部門マネージャを務めた著者が明かす。
世界No1の物流戦略とロジカル経営。
アマゾン一強時代に日本企業はどう戦っていくべきか?

目次

第1章 アマゾンが引き起こした激変(通販の常識を変えたアマゾン/アマゾンと日本の物流)
第2章 アマゾンの物流戦略(唯一の顧客との接点を大切にする/上流から下流までつながっていることが命)
第3章 アマゾン物流を支えるロジカル経営(顧客最優先・長期視点/プラットフォームとしてのアマゾン ほか)
第4章 日本企業はどうアマゾンに対抗すべきか(日本においての物流課題/日本企業が今後とるべき物流戦略 ほか)

なぜアマゾンは「今日中」にモノが届くのか

なぜアマゾンは「今日中」にモノが届くのか

Amazonに移動する…

MEMO

なぜアマゾンは「今日中」にモノが届くのか

◆アマゾンのマーケットプレイスのメリット

▶品揃えを拡充させるスピードが速くなる

▶ニッチな商品であっても顧客の手元に届くまでのスピードが速くなる

▶アマゾンと販売業者間で価格競争が起り販売価格が安くなる

▶アマゾンのトラフィックの大きさが、販売業者にとっての魅力になる

▶FBAを利用することにより、商品の在庫から配送までをアマゾンに委託することができる(アマゾンが代理で行う)

▶販売業者はアマゾンが提供する豊富な決済手段(代引き決済、コンビニ決済など)を利用できる

◆アマゾンの「Single Detail Page」とは?

アマゾンが販売している商品と、
マーケットプレイスで販売業者が直接販売している商品が同じであれば、
その情報はひとつのページにまとめられる。

この仕組みを「Single Detail Page」と呼ぶ。

「Single Detail Page」の特徴は、
商品の情報(説明、価格、送料、新品、中古など…)がひとつにまとめられていることである。
なので、顧客は効率的に買い物をすることができる。

楽天は「Single Detail Page」ではないので、店舗ごとに商品ページが作られる。
なので顧客は複数の店舗の商品ページを見て、どこが一番安いのか、速く届くのか、
といった情報を比較する必要がある。

アマゾンが「Single Detail Page」を作り上げることができたのは、
もともと自社で小売りをやっていたからである。

そして、この「Single Detail Page」を差別化ポイントとして突き進んでいったことで、
強大なプラットフォーマーになれた。

同じようなことを日本企業がやろうとしてもできない。

◆ネット通販サイトには、大きく分けて2つの型がある。

▶自社サイト型
自社の独自サイトで通販を行う(例:アマゾン)

▶モール型
多くのショップが同居している(例:楽天、アマゾン)

アマゾンはもともと自社サイト型だったが、
2000年から「マーケットプレイス」という仕組みを始め、
他の販売会社も商品を販売できるようになった。

つまり、アマゾンは自社サイト型とモール型が混在している
非常にユニークな形態になっている。

◆アマゾンが考える「顧客のためになること」とは何か?

▶注文した商品が速く届くことと、間違いなく、そしてキズのない状態で届くこと(スピードと品質)

▶探している商品がカンタンに見つかること

▶欲しい商品の在庫があり、すぐに買えること

▶できるだけ安い価格で買えること

◆日本企業は、社内の政治や、前例の有無、商習慣などによって、
ビジネスが進んでいるのが実態である。

それに対して、アマゾンでは「顧客のために」というのが単なる標語ではなく、
実際の判断基準になっている。

◆アマゾンのビジネスのベースには、
顧客至上主義の考え方がある。

オペレーションの検討、投資判断など全てにおいて、
「最終的にそれが顧客のためになるのか」を考え、
判断基準としている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする