諦める力 〈勝てないのは努力が足りないからじゃない〉

諦める力 〈勝てないのは努力が足りないからじゃない〉 by 為末 大

為末 大

1978年広島県生まれ。
2001年エドモントン世界選手権および2005年ヘルシンキ世界選手権において、男子400メートルハードルで銅メダルを勝ち取る。
陸上トラック種目の世界大会で日本人として初のメダル獲得者。

シドニー、アテネ、北京と3度のオリンピックに出場。
男子400メートルハードルの日本記録保持者(2013年5月現在)。
2003年、大阪ガスを退社し、プロに転向。
2012年6月、日本陸上競技選手権大会を最後に25年間の現役生活から引退…

耐える人生か?

選ぶ人生か?

前向きに「諦める」ことから、自分らしい人生が開けてくる。

諦めることは、逃げることにあらず。

与えられた現実を直視し、
限られた人生を思い切り生きるために、
よりよい選択を重ねていくことこそが「諦める」ことの本質である。

目次

■第1章:諦めたくないから諦めた
・手段を諦めることと目的を諦めることの違い
・「勝ちやすい」ところを見極める
■第2章:やめることについて考えてみよう
・「せっかくここまでやったんだから」という呪縛
・「飽きた」という理由でやめてもいい
■第3章:現役を引退した僕が見たオリンピック
・「勝てなくてすみません」への違和感
・コーチを雇う欧米人、コーチに師事する日本人
■第4章:他人が決めたランキングに惑わされない
・積む努力、選ぶ努力
・どの範囲の一番になるかは自分で決める
■第5章:人は万能ではなく、世の中は平等ではない
・生まれによる階級、才能による階級
・「リア充」なんて全体の10パーセントもいない
■第6章:自分にとっての幸福とは何か
・世の中は平等ではないから活力が生まれる
・どうにかなることをどうにかする

諦める力

諦める力

Amazonに移動する…

MEMO

諦める力

◆「才能じゃない、努力が大事なんだ」

一見すると勇気づけられるこの言葉が、
ある段階を過ぎると残酷な響きになってくる。

この言葉は
「すべてのことが努力でどうにかなる」
という意味合いを含んでいて、
諦めることを許さないところがある。

挫折することも許されず、
次の人生に踏み出すことのできない人を
数多く生み出している。

究極の諦めとは、
おそらく「死ぬこと」だと思う。

ただ、その前の段階に同じくらい大きな
「老いる」ことを通じて、
多くのことを諦めなければならない。

いくら努力しても人は必ず死ぬ。

◆諸行無常

この世のすべてのものは絶えず移り変わり消滅するもので、
一刻の間も同じ状態を保つことがない。

◆本当は欲しかったものがあって、
一生懸命がんばったけど手に入らなかった。

挫折からうまく立ち直れなかった人が
嫉妬に染まる。

自分が持っていないものを
他人が持っているだけで恨めしい。

◆人によって努力が喜びを感じられる場所と、
努力が苦痛にしか感じられない場所がある。

苦痛のなかで努力しているときは
「頑張った」という感覚が強くなる。

それが心の支えにもなる。

ただ、頑張ったという満足感と成果とは別物だ。

◆理屈ではどうしても理解できない、
努力ではどうにもならないものがあると分かるためには、
一度徹底的に考え抜き、
極限まで努力してみなければならない。

そして、そこに至って初めて見えてくるものがある。

◆日本では約1億3000万人、
世界で約75億人の人口がいる時代である。

カテゴリーが大きくなればなるほど、
一番になれる確率は低くなる。

だからこそ、
小さくでもいいから自分が勝てる分野を
探していかない限り、
いつまでたっても勝てない状態が続く。

◆努力には、
「どれだけ」頑張るか以外に、
「何を」頑張るか、
「どう」頑張るか、
という方向性がある。

◆人生とはトレードオフの積み重ねである。

たとえば、
スポーツでのランキングを上げようと粘ることが、
別の人生の可能性のランキングを下げてしまうこともある。

このジレンマを解決するには、
自分のなかにおける優先順位を決めるしかない。

◆確かについらい時期を耐えたら
成長はあるだろう。

でも、成長と成功は違う。

この違いに気づかないふりをする罪は大きい。

◆「あのつらかった時期を耐え抜いてきたからこそ、
ここまでこられたのです…」

世間の人がそれを聞いたとき、
つらい時期を耐え抜いたら成功できると
一般化してしまう怖さがある。

ほとんどの人にとっては、
つらい時期を耐え抜いても成功しないことが多い。

現実には10人のうち9人が成功せず、
たったひとりだけうまくいった人が、
自分のロジックで語っているにすぎない。

◆どんな分野においても
「あの人はすごい」と言われるような人は、
無意識と意識のバランスが普通の人に比べて格段にいい。

勘に委ねるときは委ね、
論理的に詰めるときは詰める。

無意識にその塩梅を判断しているところが
「すごく」見えるのだ。

◆どうしても実現したいこと、
手に入れたいものがあるのなら
「この時点でこれができていなければ終わりにする」という基準を、
繰り返し繰り返し設定することが必要になってくる。

◆人生は有限だ!

限れれた生であれば、
自分に合うものをできるだけ早く見つけ出すほうがいい。

自分に合う面白そうなものが見つかったとしたら、
今やっていることを止めて、
そちらをやるは理にかなっている。

◆人間が何かを選択するときに悩むのは、
何を選んでいいか分からないからではない。

自分にとってより大切なことが何なのか、
判断がつかないから悩むのだ。

つまり、
自分の価値基準(判断基準)
が決まっていないからである。

あなたの人生にとって
何が一番大事なのか、大切なのか?

◆全力で試してみた経験が少ない人は、
「自分ができる範囲」について体験値がない。

ありえない目標を掲げて自身を失ったり、
低すぎる目標ばかりを立てて成長できなかったりしがちである。

◆何かを始めたばかりのころは、
成功の確率は100%ある。

だが、やがてそれは99%、98%と徐々に下がってくる。

そのとき、何パーセントになったら踏ん切りをつけるべきかというのを、
感覚的に決めておくとよい。

そのためには、
日ごろから希望と願望との違いを客観的に見る
クセをつけておかなければならない。

未来に紐付けられているのは「希望」である。

ところが、この「希望」と「願望」を
混同している人があまりにも多い。

願望を希望と錯覚してズルズル続けている人は、
止め時を見失いがちだ。

なぜか?

願望は確率をねじ曲げるからである。

◆何かを止めるか止めないかを決めるときのロジックとして
2つのパターンがある。

▶もう少しで成功するから、諦めずに頑張ろう
▶せっかくここまでやったんだから、諦めずに頑張ろう

前者は、この先成功しそうだという「未来」を見ている。

後者は、今までこれだけやってきたという「過去」見ている。

同じ「止める」という判断でも、
どちらのロジックが背後にあるのかで、
まるで異なる結果をもたらす。

——————————————–
◆日本人は、
「やればできる」という言葉を好んで使う。

しかし、言葉の意味をよく考えると、
おかしなことに気づく。

それじゃ、
できていない人はみんな、
やっていないということなのか?

論理的に突っ込んでいくと、
成功と努力の相関関係はどんどん曖昧になる。

◆そもそも、自分は何をしたいのか…

自分の思いの原点にあるものを深く掘り下げていくと、
目的に向かう道が無数に見えてくる。

道はひとつではないが、
ひとつしか選べない。

だから、
Aという道を生きたければ、
Bという道は諦めるしかない。

最終的に目的に到達することと、
何かを諦めることはトレードオフなのだ。

何ひとつ諦めないということは
立ち止まっていることに等しい。

◆「今まで一生懸命やってきたし、
続けていれば希望はある…」

こう考える人は、
もしかしたら自分を客観視できていないのかもしれない。

一生懸命やったら見返りがある、
という考え方は、
犠牲の対価は成功、
という勘違いを生む。

すべての成功者が苦労して犠牲を払っているわけではなく、
運がよかったり要領がよかったりして
成功した人のほうが実際は多いのはないだろうか。

◆手段は諦めていいけれども、
目的を諦めてはいけない。

言い換えれば、
踏ん張ったら勝てる領域を見つける。

踏ん張って
一番になれる可能性のあるところでしか戦わない。

負ける戦いはしない代わりに、
一番になる戦いはやめないということだ。

◆成功への近道!

最高の戦略は
努力が娯楽化することである。

そこには苦しみや辛さという感覚はなく、
純粋な楽しさがある。

苦しくなければ成長できないなんてことはない。

人生は楽しんでいい、
そして楽しみながら成長すること自体が
成功への近道なのだ。

◆戦略とは、
トレードオフである。

つまり、諦めとセットで考えるべきものだ。

だめなものはだめ、
無理なものは無理。

そう認めたうえで、
自分の強い部分をどのように生かして勝つか
ということを見極める。

極端なことをいえば、
勝ちたいから努力するよりも、
さしたる努力をすることなく勝ってしまう
ことを探すほうが、
間違いなく勝率は上がる。

◆人間は物心ついたときにはすでに剪定がある程度終わっていて、
自分の意思で自分が何に特化するかを選ぶことができない。

いざ人生を選ぼうというときには、
ある程度枠組みがきまっている。

本当は生まれたときから
無限の可能性なんてないが、
年を重ねると可能性が狭まっていくことを
いやでも実感する。

最初は四方に散らかっている可能性が
絞られていくことで、
人は何をすべきか知ることができる。

◆多くの場合、
天才の真似をしてもだいたい失敗する。

自分の体と性格に生まれついてしまった以上、
なれるものとなれないものがあるのは
間違いないことだ。

◆世の中には、
自分の努力次第で手の届く範囲がある。

その一方で、
どんなに努力しても及ばない、
手の届かない範囲がある。

努力することで進める方向というのは、
自分の能力に見合った方向なのだ。

◆多くの人は、
手段を諦めることが諦めだと思っている。

だが、目的さえ諦めなければ、
手段は変えてもいい。

◆「諦める」という言葉の語源は
「明らめる」だという。

仏教では、
真理や道理を明らかにしてよく見極めるという意味で使われ、
むしろポジティブなイメージを持つ言葉である。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする