ただのサラリーマンから財布を18個まで増やしたお金のルールチェンジ

ただのサラリーマンから財布を18個まで増やしたお金のルールチェンジ by 北川賢一

北川 賢一

千葉県生まれ。
明治大学卒業後、東証一部の商社に就職するが、1年半で退社し24歳で独立起業。
以降、世界の国々を巡りながら、投資とビジネスを楽しむ生活を送っている。
投資家、作家、ホテルオーナー、IT起業家、コンサルタント。
これまで訪れた国は60を超え、現在は子どもの教育のためもありシンガポールにも拠点をもち、年の半分を海外で過ごすデュアルライフを送っている…

iPhone一つで、収入源18個、年収1億、
世界を旅する生活を実現した著者が教える、
人生100年時代のお金の増やし方・守り方。

「財布1個=会社の給料」だけが一番のリスク!

目次

0 お金のルールチェンジ―稼ぐ人に変わるためのマインドセット(財布はひとつでなくてもいい
収入は努力ではなく何をやるかで決まる ほか)

1 給料以外に月5~10万円の収入を得る方法(「やるか・やらないか」だけ
未来へつなげるステップのひとつとして ほか)

2 1000万円をストックするための貯蓄・投資術(お金がない=パワーがない
最大の目的は「目標金額」ではなく、「お金を守る力」を身につけること ほか)

3 1億を超える資産形成を実現するために(財布は多いほうがいい
不労所得とは頭を使ってお金を生み出す方法 ほか)

ただのサラリーマンから財布を18個まで増やしたお金のルールチェンジ

ただのサラリーマンから財布を18個まで増やしたお金のルールチェンジ

Amazonに移動する…

MEMO

ただのサラリーマンから財布を18個まで増やした

◆1日18時間ファスティングの効能

▶大腸をキレイにする
▶免疫力を高める
▶体脂肪を燃焼させ、代謝を活発にする
▶感覚を鋭敏にする
▶新鮮な呼吸ができる

◆朝食は食べずに「18時間ファスティング」

たとえば、
夕食を18時にとった場合、
その後、完全無欠コーヒー(※)を飲む以外は、
18時間何も食べない

つまり、翌日のランチまでは断食する。

ファスティングの効果については、
フランスやドイツで、
「メスを使わない手術」
「フィスティングで治らない病気は何をしても治らない」
と言われている。

※コーヒーにエクストラバージンココナツオイル大さじ1~2杯と、良質の無塩バターを大さじ2杯加える。

◆体重を落とすのではなく、脂肪を落とす

体に脂肪を蓄えているのか、
燃やしているのか、
どちらになるかが
ホルモンの司令により決定される。

脂肪を溜め込むホルモンは、インスリンである。

このインスリンが分泌されるスイッチになるのが
糖質を摂取すること。

つまり、パン、パスタ、ご飯、砂糖を使った
食べ物が体の中に入ってくることで、
インスリンスイッチがオンになり、
体は脂肪を溜め込んでいく。

脂肪を燃やす肉体に変えたいならば、
タンパク質と脂肪を多くとる

脂肪を食べると体に無駄な脂肪分がついて
太ってしまう、
というイメージをもってしまうかもしれないが、
実際に体に脂肪を溜め込むのは炭水化物を
食べたときである。

◆どんなものよりも優れた最強の資産とは…

それは「自分の頭と体」である。

どれだけたくさんのお金を持っていても、
体がまともに動かず病的な状態だったら、
何もできない。

健康とは、
病気にならないことではない

エネルギーが溢れる肉体を持ち、
頭の中が常にクリアで冴え渡り、
バイタリティがみなぎっている状態、
それを健康と呼ぶ。

◆自由であるための人生の選択

  1. 人生で本当に価値ある行動
    この時間をできるだけ増やす。
  2. 時間あたりの金銭価値が高いこと
    無理せず、長期的に価値を生み出すことを考えて実行し、仕事漬けにならないようにする。
  3. 時間あたりの金銭価値が低いこと
    極力お金を払って時間を買う。代行やアウトソーシングを利用して、自分でやらないようにする。
  4. ゼロ・ネガティブ
    無駄だから人生から消す。

◆究極の時間管理の秘訣とは…

管理する必要がないほど、
やることを減らすこと
」である。

◆「命ともいえる時間を何に使うか?」
を自分でじっくりと考えることこそが、
人生の質を高める上で何よりも大切である。

◆人生は、微差の積み重ね

小さなことをひとつ大切にすると、
それが後々には追いつけないほどの大差になる。

微差の努力を積み上げていった人が、
大きなご褒美をもらえる。

◆投資というのは、家で、
一人で孤独にやるものではない。

投資で大事なのは「人脈」である。

すぐれた人との人間関係を持つことが、
投資の失敗を回避して、
うまくリターンを出すために大切なことである。

◆よい助言が得られるのは、
「自分が目指すゴールに先に辿り着いている人」
「すでに投資や事業で成功している人」である。

自分でうまくいっている人から話しを聞くと、
よいアドバスがもらえる。

身近な友人や家族や、
投資で失敗している人、
業種として金融で働いているけど
本人はお金もちではないといって人から
聞かないこと。

◆お金と人生の5つのステージ

  • ステージ0▶ラットレースでもがく
  • ステージ1▶金銭的な安定
  • ステージ2▶経済的自立
  • ステージ3▶経済的自由
  • ステージ4▶絶対的・経済的自由

◆不労所得とは、
時間の切り売りでお金を生むのではなく、
頭を使ってお金を生み出す方法のことであり、
他人に雇われて、
誰かの言いなりになって
お金を稼ぐよろもずっと賢明に学び、
知恵を活用する必要がある。

◆米国のS&P500連動ETFに貯金感覚で積立投資

貯金感覚でできて、
あまり大きなリスクを取らずに、
手の届く範囲で実践できるお金の増やし方として、
米国のS&P500に連動したETFへの投資がある。

インデックスファンドでS&P500の連動型もあるが、
ETFを選ぶ理由は、
売買にかかるコストの差にある。

ETFとは、Exchange Traded Fundの略で、
証券取引所に上場している投資信託のことで、
株式と同じように市場で売買できる。

ETFのメリットは、
分散投資ができ、
手数料が安く、
そしていつでも売買できる点にある。

やることはシンプル。

S&P500に連動するETFを、
毎月決まった日に、
決まった金額を買い続ける。

設定しておけば自動引き落としでの投資も可能。

◆金利が8%つく銀行に預金する

日本は長年ずっとゼロ金利政策をとっており、
近年はマイナス金利政策をしている。

メガバンクで預金しても利息は
0.001%と低すぎる。

これでは、銀行に預けておいても、
まったく増えない。

しかし、それはあくまで「日本の常識」、
銀行の利息は世界共通ではない。

実は海外では、
銀行に預金しているだけで
日本の1000倍以上の利息がついたりする。

たとえば、ニュージーランドの銀行口座では
普通預金に2.35%の金利がつく。

金利0.001%の日本と比べると2350倍となる。

ここでポイントとなるのは、
日本国内の銀行で外貨預金口座を作って預金するのではなく、
海外の現地銀行で口座を開くこと。

日本の銀行だと為替両替手数料が恐ろしいほど高いので、
外貨に両替するとかなり損する。

だから、海外旅行などのついでに
口座開設をやってみるとよい。

現地の銀行で口座を開いて、
現地銀行で円を外貨に両替すると手数料が安く、
さらに預金しておくと高い金利がつく。

※預金額が5000万円を超えと、
国外財産調書の申告をする義務が出てくる。
———————————————
◆投資と無駄遣いの分岐点は、
買ったものの価値が上がるか下がるかのどちらか。

価値が上がるものは投資。

逆に買ったものが将来何の価値も持たない
ゴミになるものは浪費。

お金を使うときには価値を測定し、
浪費なのか、投資なのかをきちんと区別しておくことが大切。

◆投資とは…
所有していることで将来的に価値が上がり続ける資産、
または収益を生み出す資産を手に入れる行動。

◆投資にとってお金とはよりよい人生を送るための道具
と位置づけている。

そして、お金は貯金という形で保有するのではなく、
価値の増えるものと交換していくめに使う。

◆お金そのものを貯金して保有していても、
増えることはない。

それにもかかわらず、
ほとんどの日本人は、
浪費、消費、貯金、
この3つしかしていない。

◆フィーリングや直感を大事にして判断すると、
高い確率で貧乏になる。

それよりも、ファクトを大事にしている人のほうが、
お金の面では成功している。

◆なぜ、人はお金を手に入れてもすぐに失ってしまうのか?

それは、人は生まれながらにして富を維持する習慣を持っていないから。

人の脳は裕福になるように
プログラミングされていない。

◆お金をたくさん稼ぐことと、
富を維持しお金持ちでい続けるというのには、
全く違うアプローチが必要になる。

◆「好き」という感覚は、
収入を得るうえでとても重要。

なぜか?

努力が努力ではなくなるから。

◆クラウドファンディング

自力で稼いで軍事金を貯めるのではなく、
「お金を他人から支援してもらう」という仕組み。

インターネット上で
「私はこんなことをやりたいです」
という企画を発表し、
一般の方から支援を募る。

代表的なものに、
▶キャンプファイヤー (CAMPFIRE)
▶エーポート (A-port)
▶マクアケ (Makuake)
などがある。

◆クラウドソーシング、アルバイト、外注ワークを実践するときのポイント

1)将来のための軍資金作りだと思って取り組むこと
2)実績やスキル磨きのために働く

◆クラウドソーシング

インターネット上でスキル、サービス、アイデア、
コンテンツなどを販売できるサービス。

クラウドワークス(CrowdWorks)やランサーズ(Lancers)などの
サービスが有名。

◆未来を見たいのならば、
日本よりも進んでいる国を訪れること、
過去へ戻りたいのならば、
新興国を訪れること。

◆成功するために大事なのは、
「すでに起こったこと」ではなく、
「これから起こる出来事」に投資すること、
「これから拡大する市場」でビジネスを仕掛けること。

◆時流は努力や才能を打ち負かす。
同じ努力をしても、
時流に乗るときと逆らうときでは
結果に何倍もの差がでる。

どんなに正しいことであっても、
間違ったタイミングで実行すれば、
結果は失敗になることがある。

行動することは大事だが、
それを「いつ」やるかとう時流を見誤らないこと

◆世の中には時流を読む努力をしている人と、
全くしていない人がいる。

時流を理解して、
流れに沿ったアクションをする人は容易に結果を出し、
安定した上り調子を継続することができる。

反対に時流を無視していたり、
変化を拒んで否定する人が、
世の中から取り残されていくのは必須の結果である。

◆お金はもちろん大切だが、
お金に支配され、奴隷になってはいけない。

お金を持つときに、
同時に忘れてはいけないのは、
幸せを感じられるマインドである。

◆実はプロセスの連続こそが人生なのだ。

だから、結果だけではなく、
長い長い道中の一歩一歩を楽しむ。

◆結果を見て、原因を知れば、
何をどのように改善すればいいのかが見えてくる。

今やっていること以外に、
あなたの未来を構成する要素はない

自分という結果をつくるのは、
今の行動という原因である。

誰かのせいにするのではなく、
環境に原因を求めるのではなく、
今の自分の行動こそ、
未来をつくる原因であると認識する。

◆スティーブ・ジョブズの名言

33年間、私は毎朝、鏡に映る自分に問いかけるようにしている。
「もし今日が最後の日だとしても、
今からやろうとしていたことをするだろうか」と。

「違う」という答えが何日も続くようなら、
ちょっと生き方を見直せということ。

◆自分から相手のことを考えるように努める。

自分から相手に与えられるものは何かを考え、
それを与えるようにする。

◆人間社会で成功するためには、
「相手を勝たせる」という発想も必要になる。

つまり、相手にメリットを与える。

そうすることで、
こちらの提案が受け入れてもらいやすくなる。

◆人生で大切な5つのこと

  1. 人と会うことで情報を集める
    「いい情報」を得るためには、こちらから歩いていかなければならない。ただ待っていても、有益な情報はこない。大きな飛躍をしたいなら、意識してテリトリーの外に出ること。
  2. 頼もしい仲間とチームを組む
  3. 経験値を貯めてレベルを上げ、成長する
    最初からいきなり大成功なんて無理。最初は5万、10万から始まる。まずは小さな経験を積み、自分のレベルを上げていく。
  4. 未知の世界は可能性の宝庫
  5. 何度負けても、勝つまでやり続ける

◆成功している人に共通しているのは、
行動しているということ。

たとえ小さなリスクでも、
とろうとしない人には成功も成長もない。

◆スモールスタートをし、
小さな失敗から学び、
繰り返すことで成功確率を高めていく。

つまり学習していく。

◆今の時代は、20世紀の旧時代のような
大きなリスクを負わずとも、
会社勤めをしながらでも収入源をひとつ、
二つ、三つと増やしていく方法がたくさんある。

◆イチかバチかを狙うのではなく、
小さくできる範囲で繰り返し行動する。

◆何をはじめるにしても、
いきなり大きくスタートする必要はない。

まずは小さくはじめてみればいい。

結局のところ、
「できる・できない」の問題ではなく、
「どのくらいの規模ではじめるか」
ということに尽きる。

◆今の時代は、やるリスクよりも、
やらないリスクのほうが高まっている。

なぜか?

トライするために背負うリスクは
「少ないお金」と「時間」だけだから。

◆いつやるのか、ということについて悩む必要はない

大抵のことは、「いま」、この瞬間からスタートすることができる。

◆「お金がない」「時間がない」「アイデアがない」「能力がない」
といった言い方はで的外れである。

無理だと思うことの大半はすぐに実行できる。
————————————-
◆年収を増やしたいのなら、
希少性」を高めること。

価値は希少性にある。

これはお金のルールのひとつである。

ひとつの仕事だけ、
ひとつの肩書だけだと、
希少性を高めることが難しくなる。

だからひとつに縛られないほうがいい。

◆今の場所がすべてだと思わないこと

違う道もあるということを忘れない。

1年、2年、3年が経っても結果がともなわないのであれば、
考え直すタイミングかもしれない。

頑張る場所は選んだほうがいい。

◆人にはそれぞれ得意・不得意や個性があり、
才能を活かせば誰しもが活躍できる。

苦手なもの、不得意なものを続けていれば、
必ず不幸になる。

結果がついてこないし、
人生に対する意味も失いかねない。

◆自分の特性を把握したうえで、
得意なフィールドを見つけ、
そこで勝負をすべき。

◆努力の量で差をつけようとしていること自体、
方向性として間違っている。

全く同じ努力をしても、
結果に差が出る。

この差は「何をやるのか」で決まってくる。

◆儲からない市場、
お客さんが増えそうになりマーケットではなく、
成長するところで勝負する。

◆人に雇われて仕事をしているだけでは、
収入が伸びにくい。

雇われているということは、
誰かが給与の額を決めている。

それは会社である。

会社が給与水準を決めている以上、
努力が収入に結びつくとはかぎらない。

◆できること、
自分がやりたいことを、
なるべくお金をおけずにはじめてみる。

そして少しずつ財布を増やしていく。

◆まずは自分ひとりでスタートする。
そうすれば、無理にリスクを負うことなく、
小さくはじめられる。

◆パソコン、スマホとインターネットがあれば、
いつでもどこでも収入源を確保することは可能。

事実パソコンとインターネットを活用して、
財布(収入源)を18個まで増やしている人がいる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする