ハーバードの人生を変える授業

ハーバードの人生を変える授業 by タル・ベン・シャハー

タル・ベン・シャハー
ハーバード大学で哲学と心理学を学び、組織行動論で博士号を取得。
ハーバード大学で受け持った授業には、学生が殺到し、『ニューヨーク・タイムズ』紙、『ボストン・グローブ』紙などで大きく取り上げられた…

「幸せ」研究の第一人者が授ける
52のレッスンで人生は劇的に変わる…

▶感謝ノートをつくる
▶変化するために、新しい習慣を取り入れる
▶最も深いところにある感情や思いと向き合う
▶するべきことを減らして生活をシンプルにする
▶目標に到達している様子をイメージし、成功までの道筋をつくる

目次

感謝する
習慣化する
運動をする
仕事への考え方を変える
意義を見いだす
思いやりの心をもつ
困難から学ぶ
すべてをシンプルにする
プロセスを楽しむ
理解し、理解される〔ほか〕

ハーバードの人生を変える授業

ハーバードの人生を変える授業

Amazonに移動する…

MEMO

ハーバードの人生を変える授業

◆天職を見つける

人は仕事を「労働」「キャリア」「天職」の
3つのうちのひとつ
としてとらえている。

労働
労働は基本的に退屈なものであり、個人の充足感よりも金銭的な報酬に関心がおかれている。朝、仕事に行くのは「そうしたいから」というよりも、「そうしなければならないから」だ。仕事を「労働」と捉えている人たちは、仕事に対して給料以外には、何の期待も抱いていない。そして金曜日の夜や休みを心待ちにしている

キャリア
仕事を「キャリア」と捉えている人たちは、お金や昇進といった外的要因や、権力や特権を獲得することが働くための主な動機となっている。彼らは、出世して職業上の階層を上がっていくことを望んでいる。

天職
働くことを「天職」と感じている人たちにとっては、働くこと自体が目的だ。給料や昇進もたしかに重要だが、彼らは働きたいから働いている。自己の成長や向上などの内的な動機付けから仕事をし、精神的に充実している。

◆お金を理解する

富と幸福の間の関連性は低い

高収入があると幸せになれると広く思われているが、
それは幻想にすぎない。

収入が人生の満足度にあたえる影響は
一時的なものにすぎない。

人はいったん物質的な富を手に入れると、
それを手に入れようと興奮していいたときに
比べて精神的にずっと落ち込んでしまう。

平均以上の収入のある人は
比較的人生に満足してはいるが、
そのときどきの体験において他の人と比べるより
幸せを感じるというわけではない。

◆決断をする

ビジネスとは決断だ。

決断をしなければ失敗もない。

リスクを冒さなければ成長はあり得ない。

成功している会社はどこも、
山のような失敗をしている。

◆やる気が最大となるのは、
成功する可能性が五分五分の場合である。

◆マインドフルネス瞑想する

マインドフルネスとは、
自分がしていることを十分に理解し、
判断や評価なしにいまの瞬間をできるかぎり
受け入れるようにすること。

「いま、ここ」に焦点をあて、
やっていることを体感し、
好き嫌いにかかわらず湧きあがる感情を味わって
いることがマインドフルな状態だ。

瞑想によって生活の質を大きく向上させるためには、
定期的に行うことが大切。

◆解釈を変える

人は出来事そのものに対し反応するというより、
その出来事への自分の解釈に反応する

ある出来事をどう解釈するかによって、
思考が生まれ、その思考によって感情が生まれる。

◆自然の要求を無視して体と心を酷使し続ければ、
個人としても社会としても
その代償を支払うことになる。

定期的に休憩し回復する時間をとるだけで、
精神科でもらう薬と同じような効果がある。

◆1本のろうそくから何千本ものそうろくに
火をつけることができる。

かといって、
それで最初のろうそくの寿命が短くなることはない。

幸福は、分かちあうことで決して減らない

◆自分という人間について考える最良の方法は、
どんな精神的、道義的考え方をしたとき、
一番いきいきと生きていることを実感できるかを探ることである。

人はそうした瞬間、
心の中の声が聞こえる…
これこそが本当の自分だ、と。

◆価値ある行動をする(80対20の法則)

20%の時間に努力を注ぐことで、
期待する80%の結果は得られる、
それにより時間をもっと有効に使えるようになる。

◆完璧主義者と最善主義者の違い

完璧主義者:
・失敗を拒否する
・つらい感情を拒否する
・成功を拒否する
・現実を拒否する

最善主義者:
・失敗を受け入れる
・つらい感情を受け入れる
・成功を受け入れる
・現実を受け入れる

現実を拒否していると、
永久に幸せにはなれない。

◆失敗から学ぶ

諦めずに立ち向かうことは、
勝ち負けや、失敗か成功かという結果よりも、
自尊心にとって、
長期的にいい結果をもたらす。

実際に失敗したときのつらさよりも、
失敗するかもしれないと感じるときの恐怖のほうが、
実は私たちを痛めつける。

失敗からより賢く、
強くなったということに気づけば、
これからもずっと生き延びていけると
自信を持つことができる。

人は逆境で試されて初めて、
真の自分自身や人間関係の強さを知る

実際に失敗を経験し、
それを超えることによってのみ、
失敗にどう対処するかを学ぶことができる

困難や障害と向き合うのが早ければ早いほど、
人生の避けられない障害にうまく対処できるようになる

——————————————
◆プロセスを楽しむ

たとえ現在の利益を将来のより大きな利益のために
諦めることになっても、
できるだけ将来の役に立つ活動に時間をかける。

◆すべてをシンプルにする

私たちの多くが、
多忙な競争社会の中で暮らしている。

では、その中でどうしたら生活を
より楽しむことができのか?

残念ながらこれを解決する特効薬のようなものはない。

私たちは生活を簡素化し、テンポを遅くするしかない。

嬉しいことに、
するべきことを減らして
生活をシンプルにしても、
成功は妨げられるわけではない

◆困難から学ぶ

本当に幸福になるためには、
ある種の自己啓発本や精神科の薬が回避しようとするような、
不快な感情やつらい体験が必要だ。

人は困難を克服することで幸福になれる。

人は困難な時期があるからこそ、
より大きな喜びを感じられるようになる。

困難こそが、
人生におけるすべての喜びへの感謝の気持ちをつくり、
この感謝の気持ちこそが、
真の生きがいや喜びの源になる

◆瞑想(マインドフルネス)
を習慣化する

◆思いやりの心をもつ

自分の利益と他者の利益のどちらかを
選ばなくてはいけないという考え方は間違っている。

人を助けることと自分のために行動すること、
その2つは密接に絡みあっている。

つまり、他者の役に立てば立つほど、
私たちの幸福感は大きくなっていく。

そして自分が幸せになればなるほど、
さらに他人のためにも何かしたいと思うようになる。

◆運動をする

うつ病と診断された患者の大半にとって、
週3回、1回30分間の運動を行うことは、
抗うつ剤を服用するのと同じような効果がある。

別の言い方をすれば、
「運動しない」ことは
「憂うつになる薬を服用しているのと同じようなもの」
である。

運動は医者にとって
夢のような治療法である。

運動には、
自己評価や思考力・免疫力を高める、
寿命をのばす、
よりよい睡眠が得られる、
よりよい性生活を行えるといった
副次的効果がある

◆習慣化する

変化するために必要なのは、
自制心を養うことではなく、
習慣を取り入れることだ。

習慣をつくるには、
確固たる価値観に基いて決められた行動を、
特定の時間に行うことが必要である。

◆感謝する

毎日1~2分、感謝する時間をとると
思いもかけない効果をもたらす

人生をもっと肯定的に評価できるように
なるだけでなく、
幸福感が高くなり、
ポジティブな気分を味わえるようになる。

最終的に、感謝をするとよく眠れるようになり、
より多く運動するようになり、
身体的な不調も減る。

◆生産的知識とは?

単なる知識ではなく、
自分たちをとりまく世界をよく理解して、
状況にうまく対処するための知識。

◆リフラクション ▶ 反映させて行動する

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする