巨大な夢をかなえる方法

巨大な夢をかなえる方法 世界を変えた12人の卒業式スピーチ by ジェフ・ベゾス、 ジャック・マー、 イーロン・マスク、チャールズ・マンガー、その他

世界を変えた起業家、
投資家、教育者、俳優、映画監督たちが登場。

イェール、MITなど一流大学の卒業生へ熱く語りかけた、
一世一代の肉声スピーチを完全収録。

人生をどう生きるか。いかに成功するか。人類はどこへ向かうのか。

いま、世界に君臨する12人を豪華ラインナップ、
十年に一度ともいうべき「金言集」!

目次

ジェフ・ベゾス(アマゾン創業者)―賢さと、優しさ
ラリー・ペイジ(グーグル創業者)―巨大な夢をかなえる方法
ジェリー・ヤン(ヤフー!創業者)―“野蛮で失礼な”若者
ディック・コストロ(ツイッターCEO)―この瞬間を生きる
ジャック・マー(アリババグループ創業者)―大学受験に3度失敗して
シェリル・サンドバーグ(フェイスブックCOO)―リーン・イン!
イーロン・マスク(テスラモーターズ創業者)―地球のバックアップを
サルマン・カーン(カーンアカデミー創設者)―思考実験としての輪廻転生
トム・ハンクス(俳優)―不安ではなく、信念を育め
メリル・ストリープ(俳優)―演技する理由
マーティン・スコセッシ(映画監督)―1ミリも才能がない?
チャールズ・マンガー(バークシャー・ハサウェイ副会長)―成功の秘訣は「学習マシーン」

巨大な夢をかなえる方法 世界を変えた12人の卒業式スピーチ

巨大な夢をかなえる方法 世界を変えた12人の卒業式スピーチ

Amazonに移動する…

MEMO(ジェフ・ベゾス)

◆祖母の涙が教えてくれたこと

ある夏、キャラバンクラグの旅行に参加したときのこと。
ジェフが10歳ぐらいときだった。
祖父がハンドルを握り、
祖母は助手席に座っていた。

祖母はクルマの中で四六時中タバコを吸っていた。

そのうち、ジェフはタバコの臭い匂いがいやでやまらなくなった。

ジェフは祖母の健康のことを思ってこう伝えた。

「一息吸うごとに2分間、
寿命が縮まるんだよ。
おばあちゃん、
この旅行でもう9年も寿命を縮めちゃったよ」

すると、祖母はいきなり泣き出してしまった。

祖父は、ジェフの顔を見て、優しく、
穏やかな口調で次のように言った。

「ジェフ、
お前もいつか分かる日がくるだろうが、
自分が賢くなるよりも、
人に優しくすることのほうが難しいのだよ」

◆自分の才能に溺れてはならない

「賢さ」は才能だが、
「優しさ」は選択するものである。

才能を使うのは簡単である。

だが、選択するのは難しい。

気をつけないと、
自分の才能に溺れてしまうこともある。

そうなると才能が、
正しい選択をする妨げにもなる。

  • あなたは自分の才能をどのように使うのか?
  • 自分の才能に誇りを持っているか?
  • 自分の選択に自信があるか?

◆人生は「選択」でつくられる

  • 惰性で人生を生きるか? それとも、本当に好きなことやるか?
  • 世の中の常識に従うか? それとも、独創的な人間になるか?
  • 楽な人生を選ぶか? それとも、リスクを取り世界に貢献する人生を選ぶか?
  • 批判に屈するか? それとも、自分の信念に従うか?
  • 間違いを犯したとき、ごまかすか? それとも、正直に謝るか?
  • 恋をしたとき、ふられるのがこわくて何も行動しないか? それとも、思いきって行動するか?
  • 冒険するのをやめるか? それとも、ちょっと向こう見ずなこともやってみるか?
  • つらいとき、諦めるか? それとも、諦めずに挑戦し続けるか?
  • ただの批評家で終わるか? それとも、何かを創造する人になるか?
  • 他人を犠牲にしてでも賢い人でいたいか? それとも、他人に優しくする人でありたいか?

80歳になったあなたは、
自分の人生物語を静かに振り返る。

そのとき、最も濃密に思い出すのは、
自分で「選択」したときのことである。

この一連の「選択」が最も大きな意味を持つ。

結局のところ、
私たちの「選択」ことが
私たち自身を形づくっていく。

MEMO(ジャック・マー)

◆ジャックからのメッセージ

▶根気強く、努力を続ける
▶常に楽観的に考える
▶変化を歓迎する

◆冒険には失敗がつきものだ。

失敗を避けるのに一番よい方法は、
「最も成功しているときに、
それまでのやり方を変えること」だ。

◆成功する方法というのは、
千差万別なのであまり参考にならない。

でも、人間は、
だいたい同じようなことで失敗する。

そこに学ぶ価値がある。

成功からではなく、
失敗から学ぶ。

◆人生は、
何かを達成するためではなく、
何かを経験するためにある。

◆常に楽観的であれ!

今日はつらい。

明日はもっとつらい。

でも明後日には、
素晴らしい1日が待っている。

ほとんどの人は、
「明日」の夜ぐらいで、
諦めてしまう。

死に物狂いで努力した人しか、
「明後日」の朝日を見ることはできない。

◆「尊敬されるリーダー」になるのは
簡単なことではない。

人から尊敬されるためには、
まず自分を犠牲にしなくてはならない。

人よりもつらいことを乗り切って、
初めて人から尊敬される。

◆何か新しいことを始めようとするとき、
「すでに成功している人」よりも、
「成功したいと思っている人」に声をかけたほうが
ずっとうまくいく。

アリババが成長できたのは、
ともに成長したいと思ってくれた若い人たちのお陰である。

MEMO(イーロン・マスク)

◆「理論上、計算上、この事業は必ずうまくいく」
といくら紙で示しても、
現物の威力にはかなわない。

あなたも会社を創業したら、
最初にやるべきことは、
「試作品(プロトタイプ)」をつくることだ。

プレゼン資料には、
いくらでも美辞麗句を並べられる。

でも、デモンストレーションできる試作品があれば、
それに勝るものはない。

起業するときには、
仮に未完成な状態であっても、
必ず、現物の試作品を用意する。

投資家を説得するのに、
紙の資料なんかよりも、
何倍も効果がある。

◆会社を起業するとき、
「最もお金が儲かりそうな事業は何か?」
と利益を基準にビジネスを選んでも間違いではない。

でも、イーロン・マスクは、
お金を第一には考えない。

そのかわりに
「人類の未来に最も貢献できそうな事業は何か?」
と考えて、そこからビジネスを発想する。

MEMO(チャールズ・マンガー)

◆信頼関係を築け

最高の智慧は、
信頼関係で結ばれた人間の
ネットワークの中にある。

◆トラブルに備えよ

いつもトラブルのことを考えていたら、
心配ばかりして
不幸になるのではないかと思うかもしれない。

でも実際はその逆だ。

◆逆境に気を取られない

人生で起こるすべての不幸な出来事は、
自分の行動を改善するためにある。

エピクテスト

◆勤勉さを大切に

「勤勉である」とは、
実際に結果が出るまで
コツコツと努力しながら待つことを意味する。

◆強い好奇心を持て

◆学ぶ達人のもとで学べ

◆不平等であるほうがうまくいく

◆客観性を維持せよ

人生において、
「客観的に考えることを習慣にする」
というのは、
とても重要なことだ。

なぜか?

正しい思考ができるようになるから。

◆嫌な人間関係を避けよ

不快な人間関係を避ける。

特に直属の上司に対して、
「この人は尊敬できない」、
「自分の模範にいならない」
と思ったら、
その人のもとで働くのは極力避けること。

無能な上司のもとで働けば、
自分もダメになってしまう。

先に自分で尊敬できる上司を見つけてきて、
その人のもとで働かせてほしいとお願いします。

◆悪しき報酬システムに組み込まれるな

人生をダメにするもの、
それは、
お金で人間を働かせいようとする報酬制度だ。

お金を得ることだけを目的に働くと、
どんどんバカな行動をするようになる。

◆「自己奉仕バイアス」から自分を解放する

自己奉仕バイアスとは、
「私の中には、”本当の私”がいて、
その私がやりたいと言っていることを実行して何が悪い?
”本当の私”が望んでいることをやってるのだから、
お金を使い果たしてもいい」
と自分中心に考えること。

◆過剰なイデオロギーに洗脳されるな

イデオロギーは思考を麻痺させる。

たとえば、「テレビ牧師」は
洗脳されていることは明らかだ。

極端なイデオロギーに心酔しないというのは、
とても重要なことだ。

・正しい知識を身につけたい
・他の人よりも賢くなりたい

と思うのであれば、
イデオロギーへの傾倒は大きなマイナスとなる。

◆物事を反転して考えてみる

難しい問題は結果から考えてみる。

物事を逆から考えたほうが、
正解を導きやすい。

たとえば、インドの人々を援助したかったら、
インドの人々は、
私に何をしてほしいか、
と自問してみる。

つまり、インドの人々を最も苦しめているものは何か。

その原因を取り除くために私に出来ることは何か、
と考える。

相手の立場になって
論理的に考えてみる。

人生でどうしても解けない問題に直面したときは、
「反転」して考えてみる。

たとえば、何が人生をダメにしてしまうか。
何をやってはいけないか。

そう考えれば、

・怠けること
・人からの信頼失うこと

の2つが挙げられる。

なので、人からの信頼を失いたくないと思えば、
約束を守って、契約したことを忠実にやりとげることが重要だとわかる。

◆集学的なアプローチの補足

自分が生まれる前に起きたことを知らないでいれば、
生涯、ずっと子どものままだ。

自分の生まれる前のこと(歴史)を
知ろうとしない人は愚か者である。

成熟した人間になるためには
歴史はもとより、
他にも知るべきことがたくさんある。

◆時には自分の才能を隠す

自分の才能をひけらかしてしまうと、
危険な状況に陥ってしまうこともある。

時には謙遜して自分の才能を隠すことも大事である。

◆集学的に考えよ

常に「すべての学術分野に通用する大きな概念とは何か」と考える。

そうすれば、物事を一面からしか見ない愚か者にならなくてすむ。

どんな問題も全体の状況と切り離して
考えることはできない。

まずトータルで見て上で、
建設的に判断しなくてはならない。

◆知識を世に広めよ

自分が体験して得た知識(知恵)を
本にして世の中に広める。

もしあなたが世の中に伝えるべきことが見つかったら、
出来る限り、それを本などの形にして広める。

◆知識を得ることは、
道徳上の義務である

知識を得るのは、
自分の生活を向上させるためではない。

人間は、一生学び続けなければならない。

そうしなければ、
豊かな人生も送れない。

バークシャー・ハサウェイの投資方針:

この10年間で得たスキルは、
次の10年間には通用しない。

学習マシーンになる:

毎日何かを学習し、
朝起きたときには、
前日より賢くなっている。

こんな日々を重ねていけば、
成功する確率はぐんと高まる。

ウォーレン・バフェットは、
働いている時間の半分、
いや、ほとんどの時間を、
読書に費やしている。

ウォーレン・バフェッが成功したのは、
毎日、毎日、
学び続けているからである。

◆賞賛されるための愛は間違っている

褒められるために人を愛することは、
間違っている。

死後、賞賛されたいがために、
自らの命を犠牲にすることも、
正しい行為ではない。

◆手に入れたいものにふさわしい人間になる

自分が欲しいものを確実に手に入れたいならば、
それにすさわしい人間になれるよう努力すればいい。

これは「人生の黄金ルール」である。

たとえば、自分が買う立場だったら、

何を買うか?

そこから発想して、
自分が買いたいものを世の中に送り出していけばいい。

お金の関係を考える上でも、
このルールは役立つ。

エピクテトスの名言集

  • 幸福への道はただひとつしかない。意思の力でどうにもならない物事は、悩まないことである。
  • この地上で最も程度が低いものは貪欲・快楽欲・大言壮語。最も高いものは寛容・柔和・慈悲心だ。
  • 順境に友人を見つけることは簡単だが、逆境に友人を見つけることは極めて難しい。
  • 正しき人は、心の状態を最も平静に保つ。不正なる人は、心の状態が極度の混乱に満ちあふれている。
  • あなたを罵倒したり、殴ったりする人間が、あなたを虐待するのではない。それを恥辱だと考えるあなたの考えが、あなたを虐待するのだとよく考えなさい。
  • 自由な意思は、盗人の手の届かない財宝である。
  • あなたの敵にどうやって復讐すべきだろうか?できる限り多くの善行を行うよう努力しなさい。
  • 与えられたものを受け取りなさい。与えられたものを活かしなさい。
  • 病気は身体の障害であるが、気にしない限り意志の障害にはならない。
  • 神は人間にひとつの舌と、ふたつの耳を与えた。しゃべることの2倍多く聞けということだ。
  • 快楽に抵抗する人は賢者。快楽の奴隷になるのは愚者。
  • 人間を不安にするものは物事そのものではない。物事に対する見解が人間を不安にさせる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする