ただめしを食べさせる食堂が今日も黒字の理由

ただめしを食べさせる食堂が今日も黒字の理由 by 小林 せかい

小林 せかい

東京工業大学理学部数学科卒業。
日本IBM、クックパッドで計6年間エンジニアとして勤務後、
さまざまな厨房での1年4ヶ月の修業期間を経て2015年9月、
東京都千代田区一ツ橋に「未来食堂」開業。

「日経WOMAN」ウーマン・オブ・ザ・イヤー2017受賞…

メニューは1日1種だけ。

決算、事業書は公開。

店主1人、客席12席の小さな定食屋から、未来の“ふつう”が生まれている。

その超・合理的な運営システムと、ちょっとした非常識。

削ぎ落とした果てに見えてきた、業種を超えて注目される“起業”の形。

目次

第1章 未来食堂ってどんな店?(神保町の小さな定食屋/メニューは日替わり1種だけ ほか)

第2章 懐かしくて新しい、未来食堂のシステム(まかない―50分の手伝いで1食無料 マンガでわかる“まかない”/ただめし―壁に貼られた1食券を剥がしてもってくれば無料 マンガでわかる“ただめし” ほか)

第3章 見たことがないものを生み出す力(アイデアが現実になるまでの流れ/利益はお客様からの投票。お金は悪ではない ほか)

第4章 未来食堂のあれこれ(“サロン18禁”とは/未来食堂の“ほっておく”接客の原型 ほか)

ただめしを食べさせる食堂が今日も黒字の理由

ただめしを食べさせる食堂が今日も黒字の理由

Amazonに移動する…

MEMO

ただめしを食べさせる食堂が今日も黒字の理由

◆ビジネスはターゲットを絞るのが大事…
なのに「誰もが受け入れられる場所」なんてありえない。

どうすればよいのか?

「救うこと自体をシステム化し運営に組み込めばいい」

この気づきが「まなかい」を生み出すきっかけになった。

◆未来食堂の「まかない」はいわば、
飲食業界におけるクラウドリソース。

タスクを細分化し参加しやしい仕組みを作ることで
参加する負荷を極力下げ、
結果としてたくさんの労力が集まる仕組みなのだ。

◆未来食堂の事業計画書
http://miraishokudo.hatenablog.com/entry/plan

この事業計画書は、
中小企業庁が主催する創業促進補助金に2015年度に採択され、
200万円の助成金が下りた計画書である

これから事業を始めたい人にとって格好のサンプルだ!

Google Document
https://docs.google.com/document/d/1lRpDb-LxH2uFSHuQT3nj58P_KtjKT6YXpVvK85SPFmY/edit

◆未来食堂の決算報告
http://miraishokudo.hatenablog.com/archive/category/決算書

◆未来食堂は毎月の決算をブログ上で公開している。

売上高、原価を誰でも見ることができる。

なぜ公開しているのか?

飲食ビジネスをやりたい人に
参考になるから…

未来食堂の原価率目標値は売上の25~28%。

飲食店の平均原価は3割と言われている。

◆未来食堂は12席の小さなお店。

ひとりでやっているのでお客様を無理に取り込む必要がない。

その日のメニューに惹かれて来るお客様やリピーターだけで
十分採算が取れる。

◆未来食堂のメニューは日替わり1種だけ

◆未来食堂の定食は900円。

一度来店すると永久に使える100円割引券がもらえるので、
2回目以降は800円。

提供メニューを1種類に絞り効率化することで、
お客様が着席してから5秒で定食が出てくる。

「限られた昼の時間の中でおいしい物を早く食べたい」
を実現している。

◆未来食堂とは?

誰でも50分お手伝いすると1食無料になる「まかない」。

未来食堂はこの「まなかい」で運営され、
従って従業員はゼロ人。

また、そうやって得た1食を無料券として壁に貼っていき、
剥がした人が1食無料になる「ただめし」。

お酒の持ち込みは自由だが、
持ち込んだ量の半分をお店に置いていく「さしいれ」。

これらを組み合わせることで無理なく黒字を実現している。

◆未来食堂は「ただめし」が食べられたり、
50分のお手伝いで1食無料になったりと、
一見、「どうやって儲けてるの?」と不思議に思われる定食屋である。

でも、お店の持ち出しで負担しているのではなく、
「まかない」などのお客様が手伝うしくみと組み合わせることによって
無理なく実現
している。

◆未来食堂
http://miraishokudo.com/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする