いちずに一本道 いちずに一ツ事

いちずに一本道 いちずに一ツ事 by 相田 みつを

相田みつを

大正13年(1924)年に生まれ。
昭和とともに歩み、昭和が終わってすぐ、
平成3(1991)年に67歳で亡くなった。

現代人の心を深くひきつける力強く繊細な書の数々。

在家のまま仏法を学び、
人間愛の真実を探求し、
孤高な精進を全うした著者唯一の自伝エッセイ。

未発表・カラーの書作品39点を収録…

目次

あんちゃんの話
以心伝心
ことばでは
決めるのは自分
逆縁の菩薩
あんちゃんの戦死
おろかに つたなげに
霧の中を行けば
やっぱり便利のほうがいい
自信はなくてうぬぼればかり
負けることの尊さ

いちずに一本道 いちずに一ツ事

いちずに一本道 いちずに一ツ事

Amazonに移動する…

MEMO

いちずに一本道 いちずに一ツ事

◆外灯というのは
人のためにつけるんだよな

わたしはどれだけ
外灯をつけられるだろうか

みつを

◆ともかく
具体的に動いてごらん

具体的に動けば
具体的な答えが出るから

みつを

◆肥料

あのときのあの苦しみも

あのときのあの悲しみも

みんな肥料になったんだなあ

じぶんが自分になるための

みつを

◆受身

柔道の基本は受身

受身とはころぶ練習まける練習

人の前にぶざまに恥をさらす稽古

受身が身につけば達人

まけることの尊さがわかるから

みつを

◆人間というのは、
途方に暮れる経験をすることが、
いかに貴重であるか…

途方に暮れる経験がないと、
人生はわからない。

にっちもさっちもいかない、
どこにも行く場がない。

そういう経験が、
あなたにも必ずあると思う。

右に行ってもダメ、
左に行ってもダメ、
南に行ってもダメ、
北に行ってもダメ、
どうにもしょうがなくて、
本当に途方に暮れる。

そういう経験が人間の
「いのちの根っこ」を育てていく

負けるってことが、
いかに大事か…

そのことをわかってほしい…

◆ばかがいなけりゃ、利口がたたねい

全部が利口だと困ってしまう。

全部がお医者さんで、
患者が1人もいなかったら、困る。

全部が先生で生徒がいなければ学校なんて
成り立たない。

底辺を支える人がいて、
初めてトップが生きる

だから世の中利口だけじゃダメなのだ。

負ける人がいるから、
勝つ人がいる

人間は、
いつでも負ける方にいると、
心が安らかだと思う…

◆「負ける」ということは、
自分の思いを引っ込めること、
自己主張をやめること。

相手に勝ちを譲ること。

それから、
恥ずかしいことをさらけ出すこと。

◆親の財産というのは、
何にも遺さなくていいけれども、
あんたのお父さんはたいへんいい人でしたよ」という、
その一言が我が子に残す一番いい財産じゃないのか。

◆「かねが人生のすべてではない」

ここをしっかりと押さえておかないから、
かねにからむ犯罪があとをたたない。

かねは有れば便利、無いと不便
ただそれだけの話し。

◆仏法は頭で考えたり、
知識として覚えることではない。

行とは…
只管打坐(しかんたざ)、
一切を捨てて、
ただひたすら坐ること。

それが行。

その行は、
いつどこでやるのか?

いま、ここ。

やるのは自分。

◆畢竟(ひっきょう)して何の用ぞ?

ぎりぎり決着のところ、
究極のところ、
それがなんの役に立つのか?

◆色即是空・空即是色(しきそくぜくう・くうそくぜしき)

かねが人生のすべてではないが
有れば便利、
無いと不便です

便利のほうがいいな

◆ただいるだけで

あなたがそこにただいるだけで
その場の空気があかるくなる

あなたがそこにただいるだけで
みんなのこころがやすらぐ

そんなあなたにわたしはなりたい

みつを

◆昨日は過ぎてしまってもうない
明日はきてみなければわからない
たいせつな事は今日只今の自分自身が
どう生きているかということである

みつを

◆ボロは最初に見せておけ
そうすればいつでも天下太平だ

みつを

◆ひとつのことでも
なかなか思うようにはならぬものです
だからわたしは
ひとつのことを
一生けんめいやっているのです

香雲堂主人

◆そのときの出逢いが
人生を根底から変えることがある
よき出逢いを…

いつ、どこで、だれとだれが、
どんな出逢いをするか?

どんなめぐり逢いをするか?

それが人生にとっては
いちばん大事なことだ…

———————————————-

◆霧の中を行けば覚えざるに衣しめる

深い霧の中をお坊さんが歩いてゆきました。
気がついてみると衣がびしょり濡れていた。

私達は日常どんな霧の中にいるのか?

そして自分はどんな霧をまいているのか?

現実の生活の中では、
損得、勝ち負け、愛憎などという霧がいちばん多いのではないか。

そして、そういう霧の中で、
自分自身は欲張り(貪欲)、
いかり(瞋恚:しんに)、
ぐち(愚痴)という霧を、
まわりの迷惑もかまわずまき散らしているのではないか

これは人のことではなく
自分のことだ。

◆説似一物即不中(せつじいちもつそくふちゅう)

本当のところは言葉や文字では説明できない、
自分で体験してみなければわからない…

◆忍

がまんをするんだよ
がまんをするんだよ

くやしいだろうがね
そこをがまんをするんだよ

そうすれば
人のかなしみやくるしみが
よくわかってくるから

みつを

◆つまずいたって
いいじゃないか
にんげんだもの

みつを

◆人間にとっていちばん大事なものは、
学歴でも肩書きでもお金でもない。

丈夫な身体と健康なこころ、
ころが最高の宝だ

その他は枝葉、
一時の飾りだ…

◆東大がなんだ!!
早稲田がなんだ!!

体さえ健康ならば何をやっても
生きていけるぞ!!

父さんを見ろ!!

このひとこと、この叫び、
人間が生きてゆく上でいちばん大事なことはこれだ。

どんなことがあってもいい。

挫折結構、失敗結構。

大事なことは、
そのことでいちばん大事な命を落とさぬことだ。

身体さえ丈夫であれば、
何をやっても生きてゆける…

◆「正直者はばかをみる」
というのは現実社会では否定できない事実だ。

しかし、その反対に
「正直は一生の宝」というさわやかな諺もある。

ものごとというのは
一面だけ見たのでは本当の姿はわからない。

常に両面から見ることが大切である。

どちらの諺も本当だから…

◆物事の真理や真実というものは
どんなことばでも説明できない…

つまりことばで説明したら
真実から外れてしまう。

◆同じ、生きるんだったら、
少しでも、
世の中に役に立つような生き方をしてくれ。

そして、どんなに苦しくても、
音を上げちゃいかんぞ…

◆男として生まれてきた以上、
しかも学校に我々の働きで行かせてやったんだから、
自分の納得する生き方をしてくれよ。

世間の見てくれとか、
体裁よりも、
自分の心の納得する生き方をしてくれよ…

◆どんなにひもじくても、
卑しい根性にはならないでくれ。

貧すれば鈍するというけれども、
貧しても鈍しないでくれ…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする