雨の日には雨の中を 風の日には風の中を

雨の日には雨の中を 風の日には風の中を by 相田 みつを

相田 みつを

大正13年、栃木県足利市生まれ。
書家・詩人。
旧制中学の頃から、書と短歌に親しむ。

その後、自分の言葉、自分の書をテーマに独自のスタイルを確立し、数多くの作品を生み出す。
昭和59年、『にんげんだもの』が出版され、多くの日本人の心をとらえて根強いファン層を広げる。
平成3年12月17日、67歳で逝去

「雨の日には雨の中を 風の日には風の中を」
相田みつをの真髄であるこの言葉は、
私たちの心にそっと寄り添い、
暖めてくれる…

目次

雨の日には
生きていてよかった
いいですか
たね
水にぬれなければ
遠くからみている
そっとしておく

欠点
無為不待〔ほか〕

雨の日には雨の中を 風の日には風の中を

雨の日には雨の中を 風の日には風の中を

Amazonに移動する…

MEMO

雨の日には雨の中を 風の日には風の中を

◆やりなおしが
きかねんだなあ
人生というものは

◆なんにも欲しがらぬときが
一番強い

◆どうもがいても
だめなときがある
ただ手を合わせる以外には
方法がないときがある
ほんとうの眼がひらくのは
そのときだ

◆あの人

何人か集まれば
あの人はいつもお茶当番
立ち居ふるまいは控えめだが
身のこなしの早いこと

話が始まればいつも聞き役
やさしい微笑をたたえて
大きくうなずくだけ
あの人はいつの集まりでも
自分ではほとんどじゃべらない

しゃべらないけど明るい
栃の木の、あの大きな葉のように

そして…
しゃべらないあの人がいないと
なんともつまらない
その場がさびしい

「話い上手より聞き上手」
聞き上手のチャンピオン
それは観音さま
あの人はみんなの観音さまだ

◆苔のつぶやき

わたしには殆ど陽が当たらない
わたしには杉の木や
松の木のように
高くてカッコいい
姿にはなれない
その代り
どんな風が吹いても
倒れるということがない
わたしには初めから
倒れるだけの高さがないから

◆使ったところが
強くなる
頭でもからだでも
でも
その反対
使わぬところは

◆ある日自分へ

おまえさんな
いま一体何が一番欲しい
あれもこれもじゃだめだよ
いのちがけでほしいものを
ただ一ツに的をしぼって
言ってみな

◆いのち

アノネ
にんげんはねえ
自分の意志で
この世に生まれてきた
わけじゃねんだな
だからね
自分の意志で
勝手に死んでは
いけねんだよ

◆人間追いつめられて
はじめて本音を吐く
その時どんな本音を吐くか
それが大事

◆花の下・草の上

得意泰然
失意淡然

古人のことばです
得意の時も平然
失意の時も淡々
顔色一ツ変えない
ふだんと同じ
という意味ですね

ところで自分は…?
とてもとてもそんなわけには……

得意有頂天
失意ゲンナリ

ちょツとよければすぐのぼせ
ちょツとわるけりゃすぐしょぼん

そんなわたしでも
仏さまがちゃんと生かして
くれるんですね
得意有頂天
失意ゲンナリ
そのままで…

そのまま少しも修正なしで
生かされてきて
生きてきて
きょう花の下
いま草の上
わずかな酒に酔ってます

◆そっとしておく

余計なことだったかな
うん、余計なことだったな
頼まれもしないのに
勝手に先まわりして…

こっちは親切のつもりで
やったことだけれど
当人にとっては
余計な(おせっかい)だったかも
そっとしておくことが
一番よかったのに

親切という名のおせっかい
そっとしておく思いやり
慈善という名の巧妙な偽善

まだ青い稲の上をわたる
風の行方を見ながら
ひとりつぶやく朝でした

◆たね

種子さえ蒔いておけば
いつかかならず芽が出る
よいたねにはよい芽が
悪い種子には悪い芽が
忘れたころに
ちゃんと出てくる

◆いいですか
いくらのろくてもかまいませんよ
たいせつなことはね
いつでも前をむいて
自分の足で
自分の道を歩く
ことですよ

みつを

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする