かけがえのないもの

かけがえのないもの by 養老 孟司

養老 孟司(ようろう たけし)

1937(昭和12)年鎌倉生れ。解剖学者。
東京大学医学部卒。東京大学名誉教授。
心の問題や社会現象を、脳科学や解剖学などの知識を交えながら解説し、多くの読者を得た。
’89(平成元)年『からだの見方』でサントリー学芸賞受賞。
新潮新書『バカの壁』は大ヒットし2003年のベストセラー第1位、また新語・流行語大賞、毎日出版文化賞特別賞を受賞した…

かけがえのないもの、
それは人の手のはいっていないもの、
すなわち自然、子ども、からだ…。

予測のつかないそれらとの付合い方を、
日本人は知っていたはずだ。

結果を予測し、
何事にも評価を追い求める生き方はつまらない。

何が起きるか分からないからこそ、
人生は面白い。

自分で考え、まずやってみよう…

目次

第1章 自分のことがわからない
第2章 人間の構造
第3章 かけがえのない未来
第4章 わけられない自然
第5章 かけがえのない身体
第6章 からだは表現である
第7章 自然と人間の共鳴
第8章 かけがえのない自然
終章 意識からの脱出

かけがえのないもの

かけがえのないもの

Amazonに移動する…

MEMO

かけがえのないもの

◆波や地面、虫など何でもいいので、
人間が意識してつくったものでないものを、
1日に1回、15分でもよいので見て欲しい。

たとえば、
1本1本の木を見る…

人間がつくっていないものや
事象もそれなりに意味があって、
存在・活動している。

これらを観察し、
みずからの解答を探す出すようにするとよい。

そういう生活、考え方が
基本的にはゆとりを生んでいく。

◆手帳に書かれた現在

予定は未来の行動を拘束する。

「予定」は
数ヶ月前から私たち自身の
行動を拘束するから、
それはもう現在と考えるべき…

つまり、
意識化された予定というものが
現在なのだ。

◆GDPではなくGHN

そろそろ、
日本もGDP(国民総生産)ではなく、
ブータンのようにGHN(国民総幸福)を目指すべきかも。

GDP:Gross Domestic Product
GHN:Gross National Happiness

◆自分の過去を否定してしまった人は、
他人にどうしろと言えなくなる。

それが歴史観の問題につながる。

◆身についたものだけが財産

財産というのは
自分の身についたものだけだ。

それはお金でもないし、
先祖代々の土地でもない。

戦争があればなくなってしまう。

しかし、
もし財産といういものがあるとしたら、
それはお墓に持っていけるものだ。

お墓に持っていけるものというのは
自分の身についたもの。

自分の身についた技術は
墓に持っていける。

だからそれが
自分の財産なのだ。

◆生老病死(しょうろうびょうし)

いくら一生懸命考えても、
「生」まれて、
「老」いて、
「病」んで、
「死」ぬ
ことには変わりない。

生老病死というのは、
人の本来の姿である。

私たちは生老病死を
まぬがれることはできない。

そのことを自覚することが大切である。

◆子どもの財産

すべてが予定の中に組み込まれていったとき、
いったい誰が割を食うか?

それは子ども。

なぜか?

子どもというのは
何も持っていないから。

知識もなく、経験もない、
お金もない、力もない、
体力もない。

何もない。

では、
子どもが持っている財産とは何か?

それは、
一切何も決まっていない未来、
漠然とした未来である。

だから、
予定を決めれば決めるほど、
子どもの財産である未来は確実に減ってしまう。

大人は、
先のことを決めなければ
一切動かないという
困ったクセがついてしまった。

◆時間泥棒

時間泥棒に会いたかったら、
朝9時ごろの出勤時間に
東京駅の丸の内側に立っていればよくわかる。

灰色の服を着て、
灰色の帽子をかぶって、
黒いカバンを持った人が
続々と現れてくる。

そしてすべてを予定して、
こうすればああなる、
ああすればこうなる、
といって物事を進めていく。

◆現在とは

「現在」というのは、
当然起こるべき未来、
すなわち予定された未来、
決めてしまった未来のこと。

都会ではなんでも予定化しようとする…

だから、
現在がどんどん大きくなって
未来を食っていく。

言い換えれば、
未来がどんどん削られていく。

◆かけがいのない人

我々個人が持っている自然と人工、
あるいは心と身体の釣り合いのようなものがある。

両者がうまく均衡する状態に落ち着いたとき、
いちばん安心できる。

かけがえないない人間というのは、
そういう存在だ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする