感動の創造 新訳 中村天風の言葉

感動の創造 新訳 中村天風の言葉 by 平野 秀典

平野 秀典

感動プロデューサー、講演家、作家。
1956年生まれ。
立教大学卒業。

一部上場企業のビジネスマンの傍ら、演劇の舞台俳優として10年間活動。
その経験から独自の感動創造手法を開発。

独立後は、日本で唯一の感動プロデューサーとして全国の企業へ講演・指導を行い、心が持つ可能性を伝え歩いている…

目次

プロローグ 巨人の肩の上に乗って
第1章 真善美(ヒーローのテーマ)
第2章 絶対積極(セルフプロデュース)
第3章 本領発揮(最高の自分を創る)
あとがき
エピローグ 寓話「あなたという贈り物」

感動の創造 新訳 中村天風の言葉

感動の創造 新訳 中村天風の言葉

▶Amazonに移動する…

MEMO

感動の創造 新訳 中村天風の言葉

◆明日という日は、
永遠に来ない。

寝て、覚めて、明日になれば、
明日は今日になる。

だから、
明日という日は、
いくら追いかけても掴まらない。

だから、
悲しければ明日悲しもう。

◆40や50はもちろん
70、80になっても情熱を燃やさなきゃ。

明日死を迎えるとしても
今日から幸福になって遅くない。

◆感情が運命を拓く!

◆本当の幸福とは、
自分の心が感じている、
平安の状態をいう。

幸福は向こうから飛び込んで来るのではない。

自分の心が、
幸福を呼ばなければ、
幸福は来やしない。

感じるのは心だ。

◆もらった喜びや感動は、
日本語で「恩」と呼ばれる。

恩をもらった人に返すことを「恩返し」。

恩をもらったのに知らんふりする人を「恩知らず」。

もらった恩をその人に返すのではなく、
自分を通して他の人に送っていくことを「恩送り」と言う。

江戸時代には日常的に使われ、
実践されていた。

◆人は社会的生き物である以上、
一人では生きていけない存在だ。

どれほど成功している人も企業も、
顧客という他者がいなくなれば、
一瞬にして価値はなくなる。

箱根山、
駕籠(かご)に乗る人かつぐ人、
してまた、
その草鞋(わらじ)をつくる人

◆神や仏というものは、
尊敬するべきもので、
頼るべきものではない。

◆天は自ら助くるものを助く。

他力に依存する態度では、
自己自身から生まれる実現性を発揮することができない。

◆人生にとって最も重要な信念は、
どうすれば確立されるのか?

それにはまず、
「信念を煥発すること」。

「煥発」とは、
火の燃え出るように、
美しく輝き現れ出ること。

心に美しく輝く映像を、
はっきりと絶え間なく描くと同時に、
自己暗示も連続的に反復する。

◆人の本当の値打ちというものは、
宝石でもなければ、
黄金でもない。

いわんや地位でもなければ、
名誉でもない。

ただ、
信念の二文字である。

◆現在を生きがいのあるものにするには、
想像力を使い、
自分の念願、ビジョンを
「はっきりと心に描く」ことを
「絶え間なくやる」という技術に熟達すること。

◆大量の情報がほぼ無料で手に入る現代では、
「知っているけれどできない」という人が増えている。

価値ある情報が、
本当に自分のものにならないのは、
心の中の大事なものが欠如しているからだ。

それは…

「信念」。

◆心に使われると「感情的な人」になり、
心を使えると「感動的な人」になる。

◆プロの話し手は、
大勢に伝わるように話すには、
大勢に話す心(みなさん)ではなく、
目の前のたった一人の人へ話す心(あなた)
が極意だと知っている。

◆学ぶことも、
仕事をすることも、
商売をすることも、
お金を儲けることも、
事業をすることもすべて、
利己から利他へのプロセスを経て、
人の世の幸福を向上させるという
最終目的につながっている。

◆人は自己のために活きると同時に
また常に人の世のために活きることを
忘るべからず。

◆喜びを感じるから感謝するのではなく
まず感謝すると同時に喜びが生まれる。

◆人生は心一つの置きどころ!

◆人間の命は、
一筋の川の流れに例えられる。

心が川上で、運命が川下。

◆たとえ身に病があっても、
心までは病ますまい。

たとえ運命に非なるものがあっても、
心まで悩ますまい。

◆健全な身体は、
健全な精神によってつくられるのであって、
健全な身体によって精神がつくられるのではない。

心が上流で、
運命が下流。

心が動き、
体が動き、
運命が動く。

◆他人に体を勝手に動かされると人は怒るが、
他人に心を動かされることには寛容な人が多い。

心を外から動かされることに対して
無自覚な人が多すぎる。

◆命を使うと書いて「使命」。

心も体も使命をまっとうするための大切な道具。

◆苦労厳禁

過ぎ去った過去の苦労や
まだ来ない未来を心配し、
心のエネルギーを消耗させる無益な
心の使い方を止める。

◆能力も人並み以上、
努力も人並み以上でも、
消極的思考で生きれば、
人生はすべてマイナスになる。

人生・仕事の結果=考え方✕熱意✕能力

◆プラス思考が、
「前向き」な心の使い方を表し、
マイナス思考が、
「後ろ向き」な心の使い方を示すならば、
積極思考とは、
「上向き」な方向性を持つ思考法だ。

◆人間の営みも、
調和的、積極的なとき、
健康と繁栄と幸福が実現する。

◆病のときに、
病にこだわれば、
病に負けてしまう。

運命が良くないとき、
運命にこだわれば、
運命に負けてしまう。

病でも運命でも、
消極的な気持ちにならないことだ。

病は忘れることによって治る。

◆人間の生命とは、
常に伸びようとしている創造的なものだ。

だから、自己向上の意欲の薄くなった人は、
老衰を早める。

どんな時代が来ようと、
どんなに齢をとろうと、
私たちは進化向上の自然法則の中で生きている。

◆失敗してしまったとき、
いつまでも落ち込んでいるのではなく、
次に自分ができることを考えて前に進む。

生きている限り、
恐れ、怒り、悲しみなどの
消極的な感情を感じなくなることはできない。

しかし、
それにいつまでも執着しないで、
消極的な気持ちを感じたら
切り替える習慣を持つ。

それが積極的な心を持つということだ。

◆何があるのが人生だ。

良いときだけ積極的で、
悪いときに消極的になることを、
「相対積極」という。

悪いときに心を消極的にすれば、
ますます活力は落ちて、
さらに事態は悪くなる。

悪いときこそ心を積極的に使い、
明るく、朗らかに、生き生きと、
勇ましくある人生態度を、
「絶対積極」という。

◆期待値を
常に超えていくところにこそ
成長の道がある。

期待値は、
一度に大きく超えるよりも、
継続できる範囲で1%程度超えていくことで、
「日々更新」という進化向上の流れができる。

◆お客様を感動させるだけでなく、
提供側も感動すること。

それを理解していないと、
顧客感動を標榜する企業の社員が、
「感情疲労」で疲れ果てるという
深刻な悲劇を引き起こす。

情報の双方向だけでなく、
感動の双方向性こそが、
信頼と愛情の絆を生み出す。

◆この世界には、
片側だけは存在しない。

表には裏が、
プラスにはマイナスが、
必ずセットで存在している。

いい人だけが出てくるドラマは、
誰も観ない。

いいことだけが起こる人生は、
あり得ない。

悪いことだけが起こる人生も、
存在しない。

嫌なものを見たら、
その裏側にある美しさを観よう。

◆実在意識は起きている間だけ稼働するけれど、
潜在意識は24時間勤務。

◆現代のような情報過剰時代に何もしないと、
潜在意識という心の倉庫の中が、
ガラクタだらけになってしまう。

◆実在意識で「よし!やろう」と決意しても、
「とはいうものの…できるわけないよ」
と反対するのは潜在意識。

潜在意識は、
自分を牛耳る黒幕のようなものだ。

◆潜在意識へ多く記憶されるものには、
一定の条件がある。

それは、「強度と頻度」。

したがって、
感動を伴って体験したこと、
頻度多く体験したことは、
潜在意識の中で観念要素となる。

◆運命には、
自分の力ではどうにも仕様がない天命と、
自ら打ち砕くことのできる宿命がある。

◆苦しみが多い、悩みが多いなかに生きて、
心がそれに少しも引きずられないで生きてるときに、
人間の生命の本当の光明というものがある。

◆健康も運も境遇も、
心の中の考え方や思い方が、
現在の状態にしている。

心に絶え間なく描く映像が、
汚ければ汚いほど人生は汚くなり、
気高かれば気高いほど人生は価値高くなる。

◆自分を犠牲にして他人を喜ばせるのではなく、
他人の喜びをわが心の喜びとする
自他感動の境地が一番尊い最上級の欲。

◆人間の心は一度に一つしか考えられない。

楽しい欲を考えれば(切り替えれば)、
他のことは考えられない。

◆宗教も倫理も道徳も学者も識者も、
長い間「欲を捨てればラクになる」と言い伝えてきた。

でも欲は捨てることはできない。

捨てようとすること自体「欲」なのだから。

◆百の立派のことを言う人より、
一の大切なことを実践する人が、
人を幸福にする。

◆知っているけれど、
実践も行動もしない人が増えている。

情報が無料で溢れる時代には、
「言行一致の人」、
つまり真(誠心誠意)を実践する人が、
成功への切符を手にする。

◆人が人の世のためを本位として活きる時
その心の中に卑しい不平不満の火は燃えない。

◆ヒーローは、
夢を語らず、
使命を語る。

◆ヒーローとは、
誰かを助け、
誰かを元気にし、
誰かの人生を輝かせ、
その灯りで自らも輝く人。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする