年収1億円になる人の習慣

年収1億円になる人の習慣 by 山下 誠司

山下誠司 (やました・せいじ)

(株)アースホールディングス取締役
(株)サンクチュアリ代表取締役

日本最大級の240店舗を展開する美容室「EARTH(アース)」を運営する、(株)アースホールディングス取締役[スタッフ3000名、年商180億円]。
うち70店舗をフランチャイズ展開する、(株)サンクチュアリ代表取締役も兼任。
(株)サンクチュアリは、自社から輩出したフランチャイズ30社とともに、関東、甲信越、東海、北陸、北海道、福岡で展開[スタッフ900名、年商50億円]。

1976年、静岡県生まれ。
高校卒業後に上京し、19歳で年収180万円から美容師を始め、31歳で年収1億円を超える。
19歳から23歳まで、ほぼ休みなく仕事をし、24歳から39歳までは、始発から終電まで365日、15年間、1日たりとも休みなく仕事。
40歳からは、仕事と遊びの壁が、完全になくなる。

目次

・第1章【基本の習慣】
・第2章【仕事の習慣】
・第3章【生活の習慣】
・第4章【学びの習慣】
・第5章【人生の習慣】

年収1億円になる人の習慣

年収1億円になる人の習慣

Amazonに移動する…

MEMO

年収1億円になる人の習慣

◆99℃と100℃ではまったく違う

水は99℃までは「液体」だが、
100℃になった瞬間に「気体」となって、
空へ舞い上がる。

努力も同じように、
100℃になって、
空に舞い上がる。

99℃から100℃に変わるためには、
本気になって、
退路を断つ」必要がある。

そして、
退路を断つひとつの手段が、
徹底的に捨てる」こと。

あなたは、
何を捨てる」ことを決断しますか?

◆人間の幸せとは…

  • 健康
  • 時間
  • お金
  • 良好な人間関係


の4つを手に入れること。

ところが、
人生はトレードオフの連続

何かを犠牲にしなくては、
何かを得ることはできない。

この「4つ」を本気になって手に入れるために、
徹底的に捨てる」という選択肢が必要になる。

たとえば、
テレビを観る時間を「ゼロ」にしたければ、
テレビを捨てる。

◆配偶者選びの「3つ」のポイント

  • 夫に依存しない女性
  • ムダづかいをしない女性
  • 夫の成功を家庭の成功と思ってくれる女性

起業している女性が男性を選ぶときも、
同じ視点で選ぶ。

◆33%の法則

「対人関係のバランス感覚」が優れている人とは、
「家族」「上司」「部下」の3者と、
同じエネルギー配分(33%ずつ)で付き合うことができる人。

今の自分にとって一番大切な人に、
残り1%を上乗せすると100%
になる。

仕事優先でも家族優先でもなく、
どちらも同じように大切にする。

◆神社はお願いをする場所ではなく、
誓いを立てるところ。

◆「3回以上褒める」と、稼ぐ人になれる

1回では、「お世辞かも?」と疑われたり、
本気にされなかったりする。

本当に褒めていることを
わかってもらうには、
「3回」褒める。

◆稼ぐ人とは、「聞く」と「褒める」ができる人

契約が取れない営業マンの共通点は、
「自分が売りたい保険を売り込み、
一方、契約がたくさん取れる営業マンは、
「御用聞き」に徹している。

お客様の話をよく聞き、
お客様の役に立てる保険を提案する。

ときには保険の話はほとんどせず、
雑談で終わることもある。

◆目的や目標を立てるときは「自分+他人」で考える

自分だけの目的や目標しか持っていない人は、
折れやすく不安定で脆くなりがち。

だが、「他人(身近にいる人や大切な人)のために
という発想をプラスすることで、
揺るがない基盤ができる。

読書こそ、
知識・経験・教養をもっとも
効率よく得る手段のひとつである。

◆同じ分野に関する本を、
最低「3冊以上」読む。

1-2冊だと、「偏った意見」しか得ることができない。

◆体型の目安は、BMIが「25未満

BMI=体重(kg)÷(身長m✕身長m)

BMIが「25以上30未満」で「肥満」、
「30以上」で「高度肥満」と判定される。

BMIが25を超えないように、
適正な体重を保つこと。

◆仮に、1ヶ月の売上目標が1000万円だとする

数字に弱い人は、
「1ヶ月終わった時点で、
目標に届いたか、届いていないかを判断しよう」とする。

一方、数字に強い人は、
「1000万円」という目標を「30日」で割って、
「1日33万円」として数字を見る

そして、
「今日は3万円足りなかったから、
明日、36万円売り上げるようにしよう」と、
1日ごとに数字を見直し、
毎日、「小さな改善」を繰り返す

だから、
目標額に届きやすくなる。

◆体脂肪率と資産は反比例する。

太っているお金持ちもいるが、
長い目でみれば、
やがて間違いなく資産を失う。

◆人生には落ち込んでる暇などない。

起こった問題を直視し、
直ちに解決策を考え、
実行に移すことしかできない。

丸1日落ち込んでも、
3分間しか落ち込まなくても、
どちらも「問題解決」したことにはならない。

◆笑顔とは気分が良いときの結果であるだけではなく
微笑という行為自体が気持ちを上向きにさせる。

ダーウィン

◆落ち込んでいいのは、最長「3分」まで

心配事は、いくら悩んだところで、
1ミリも解決しない。

悩んだり、迷ったり、落ち込んだりする時間を
極力なくする努力をする。
———————————–
◆「10年計画」を「数字」にして紙に書き、
そのとおりシンプルに行動する。

毎日、「朝」と「晩」に2回、
必ず「10年計画」を見て再確認する。

◆共同作業を行うに当たって最適な人数は3人

◆ルールを守る人に、
ルールを守らない人を管理させるより…

ルールを守らない人に、
ルールを守らない人を管理させたほうがいい。

なぜか?

蛇の道は蛇!

◆部下との接し方

あなたの部下と
10歳離れたら外国人、
20歳離れたら宇宙人だと思って接する

そして、部下の気持ちを理解したいなら、
部下の長所と、短所を、
同じ数だけノートに書き出してみる。

◆優秀な人が成功するのではない。
優秀な人に支えられた人こそが成功する。

◆仕事の優先順位は…

期限▶量▶質

の順番であり、
逆から(質)から入ってしまうと、
なかなか成長できない。

◆生産性を上げるとき、
大切なのは、
時間の長さではなく、
濃さ」である。

◆優先順位を決める

仕事は「大きな石▶小さな石▶砂」という優先順位で行う。

なぜか?

たとえば「器」があるとすると、
「砂」や「小さな石」が先に入ってしまうと、
「大きな石」を入れるスペースがなくなってしまう。

ここで言う「大きな石」とは、
あなたにしかできない重要な仕事のこと。

「砂」は雑用

◆悪いことは「1」やって「10」伝わる。
良いことは「10」やって「1」伝わる。

◆「週に100時間」仕事をしてわかったこと!

  • 能力がなくても、仕事にかける時間を長くすると、アイデアが湧いてくる
  • 仕事が好きになる

◆早起きをすると年収が上がる理由(ワケ)

早起きをすると…

  • 「目的意識」が明確になる
  • 朝の1時間で昼の「4時間分」の仕事をこなせる
  • 「優越感」や「勝った感」が自信につながる
  • 「理性的」に考えることができる

◆一番を獲るための「最速」「最短」「最強」の方法とは…

早起きをすること!

◆自分を変える3つの方法

  • 時間配分を変える
  • 住む場所を変える
  • 付き合う人を変える

大前研一

◆会社まで「30分以内」で通勤できる場所に住む

お金を生むのは、
「情報」より「行動」である。

なので、職場と自宅は、
できるだけ近いほうがいい。

◆数字に強くなるメリット

  • 現場の「異常値」を早期に発見し、早期に解決できる
  • 社員の「ごまかし」をけん制できる
  • 数字のトリックに騙されなくなる

行動が先、考えるのはあと

「行動する」ことによって、
はじめて「正しく考える」ことができる。

◆仕事が遅いのは能力の問題、
スタートが遅いのは姿勢の問題

◆仕事は「質」よりも「スピード」

スピードの速さは、
本気度と情熱のあらわれ。

情熱が冷めないうちにすぐに行動する人間は、
間違いなくいい仕事をする。

◆幼少時代に、
貧しい暮らしを経験した人は、
「お金の大切さ」「お金の使い方」「お金を失う恐怖」が
身にしみてわかる。

◆経営で大事なのは、
売り方やシステムではなく、
「姿勢」である。

◆さあゴーゴー

どんなに就寝が遅くても、
朝3時55分(さあゴーゴー)」に起床する。

◆ダスキンの経営理念

自分に対しては、
損と得があらば損の道をゆくこと。

他人に対しては、
喜びのタネまきをすること。

◆早起きは三文の得(徳)というが、
「得(徳)」を取るには、最初に「損」をしないといけない。

◆「稼げる人に」に変わるには、
まずは、「お金」と「時間」の使い方を変えること。

「お金」と「時間」は、
「目的、目標の実現」のために集約する

◆本性は「弱者での態度」に出る

◆細部に「本質」があらわれる

  • 性格は「顔」に出る
  • 生活は「体型」に出る
  • 本音は「仕草」に出る
  • 感情は「声」に出る
  • センスは「服」に出る
  • 美意識は「爪」に出る
  • 清潔感は「髪」に出る
  • 落ち着きのなさは「足」に出る

◆誰でもできるけど、誰もやっていない「習慣」

  • 「能力」の差は、小さい
  • 「努力」の差は、大きい
  • 「継続」の差は、とても大きい
  • 習慣」の差が、いちばん大きい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする