読書の技法

読書の技法 by 佐藤 優

佐藤 優

作家、元外務省主任分析官。
1960年、東京都生まれ。
1985年に同志社大学大学院神学研究科修了後、外務省入省。
在英国日本国大使館、在ロシア連邦日本国大使館に勤務した後、本省国際情報局分析第一課において、主任分析官として対ロシア外交の最前線で活躍。
2002年、背任と偽計業務妨害容疑で東京地検特捜部に逮捕され、2005年に執行猶予付き有罪判決を受ける。
2009年に最高裁で有罪が確定し、外務省を失職。
2005年に発表した『国家の罠 外務省のラスプーチンと呼ばれて』で第59回毎日出版文化賞特別賞受賞…

月平均300冊。
多い月は500冊以上!

佐藤流「本の読み方」を初公開!

目次

【第I部 本はどう読むか】
第1章 多読の技法――筆者はいかにして大量の本を読みこなすようになったか
第2章 熟読の技法――基本書をどう読みこなすか
第3章 速読の技法――「超速読」と「普通の速読」
第4章 読書ノートの作り方――記憶を定着させる抜き書きとコメント

【第II部 何を読めばいいか】
第5章 教科書と学習参考書を使いこなす――知識の欠損部分をどう見つけ、補うか
【世界史】【日本史】【政治】【経済】【国語】【数学】
第6章 小説や漫画の読み方

【第III部 本はいつ、どこで読むか】 第7章 時間を圧縮する技法――時間帯と場所を使い分ける

【特別付録】本書に登場する書籍リスト

読書の技法

読書の技法

Amazonに移動する…

MEMO

読書の技法

◆平均的な1日(著者自身)

  • 5時 起床
  • 5時~5時半 入浴、朝食
  • 5時半~13時 原稿執筆
  • 13時~13時半 昼食
  • 13時半~19時 読書、原稿執筆(途中、約1時間散歩
  • 19時~21時 食事と休憩
  • 21時~24時 原稿執筆、ノート作り、語学学習
  • 24時~読書

◆普通の速読技法

  1. 「完璧主義」を捨て、目的意識を明確にする
  2. 雑誌の場合は、筆者が誰かで判断する
  3. 定規を当てながら1ページ15秒で読む
  4. 重要箇所はシャープペンで印をつけ、ポストイットを貼る
  5. 本の重要部分を1ページ15秒、残りを超速読する
    まずは、目次とまえがきを注意深く読み、それから結びを読む。
  6. 大雑把に理解・記憶し、「インデックス」をつけて整理する
    新聞の読み方を応用する

◆超速読の目的は2つ

  • 本の仕分け作業
    「この本が自分にとって有益かどうか」、「時間をかけて読むに値するかどうか」の仕分け。この判断ができるためには、その分野について一定の基礎知識があるといのが大前提になる。
  • 本全体の中で当たりをつける
    「この本はこの部分だけを読めばいい」「この箇所を重点的に読めばいい」という当たりをつける。

——————————————-
◆超速読の技法

5分の制約を設け、
最初と最後、目次以外はひたすらページをめくる。

まず序文の最初1ページと目次を読み、
それ以外はひたすらページをめくる。

このとき文字を読まない

とにかくページ全体を見るのだ。

ページに太字やゴジック体で書かれている本は、
ページ全体を見るには値せず、
太字やゴシック体の文字だけを追っていけばよい。

図表や資料はおのずと目に飛び込んでくるので、
他と同様に扱う。

原則として、
時間がかかるので一行一行、線は引かない。

しかし、何か気になる語句や箇所が出てきたら、
後でわかるようにシャープペンで大きく丸で囲むなど印をつけ、
そのうえでポストイットを貼る(ページの角を折ってもよい)。

そして、結論部のいちばん最後のページを読む。

これで本全体の印象をつかむと同時に、
その本で自分が読むべき箇所の当たりをつけることができる。

◆速読には2種類ある

  • 超速読(1冊を5分で読む)
  • 普通の速読(1冊を30分で読む)

「超速読」は試し読みと言ってよい。

この試し読みによって、
本を4つのカテゴリーに分ける。

  • 熟読する必要があるもの
  • 普通の速読の対象にして、読書ノートを作成するもの
  • 普通の速読の対象にするが、読書ノートを作成するには及ばないもの
  • 超速読にとどめるもの

◆基本書は3冊、5冊と奇数にする

読者が知りたいと思う分野の基本書は、
3冊もしくは5冊購入すべきである。

なぜか?

1冊の基本書だけに頼ると、
学説が偏っていた場合、
後でそれに気づいて知識を矯正するのには時間がかかる。

また、基本書は奇数でなくてはならない。

なぜなら、
定義や見解が異なる場合、
多数決をすればよいからだ。

2冊、4冊だと、
半分に分かれた場合、
読者自身が判断しなくてはならない。

◆書店員の知識を活用する

  • 八重洲ブックセンター本店
  • 丸善丸の内本店
  • 三省堂書店神保町本店
  • ジュンク堂店池袋本店
  • 紀伊国屋書店新宿本店

などの書店において、
書店員に聞いてみる。

◆速読の目的とは?

ビジネスパーソンの場合、
熟読できる本の数は1ヶ月6~10冊程度だろう。

つまり、最大10冊読んだとしても
1年間で120冊、30年間で3600冊にすぎない。

3600冊というと、
中学校の図書館でもそれくらいの数の蔵書がある。

人間が一生の間に読むことができる本の数は
たいしてないのである。

この熟読する本をいかに絞り込むかということが
読書術の要諦である。

数ある本の中から、
真に読むに値する本を選び出す作業の過程で
速読術が必要とされるのだ。

速読の第一の目的は、
読まなくてもよい本をはじき出すことである。

◆本屋に行けば、
速読術の本がいくつか並んでいる。

ページのめくり方や視線の動かし方について
指南しているものも多いが、
結論から言うと、
これらの本を読んでも速読術は身につかない。

なぜか?

速読術とは、
熟読術の裏返しの概念にすぎない。

熟読術を身につけないで
速読術を体得することは不可能である。

◆本には3種類ある

  • 簡単に読むことができる本
  • そこそこ時間がかかる本
  • ものすごく時間がかかる本

◆基礎知識は熟読によってしか身につけることはできない

しかし、熟読できる本の数は限られていいる。

そのため、
熟読する本を絞り込む、
時間を確保するための本の精査として、
速読が必要
になる。

◆なぜ速読が必要なのか?

読書に慣れている人でも、
専門書なら1ヶ月に3~4冊しか熟読できない。

重要なのはどうしても読まなくてならない本を絞り込み、
それ以外については速読することである。

1ヶ月に熟読することができる本が3~4冊ならば、
それ以外の本は速読することを余儀なくされる。

ただし、速読する場合、
その本に書かれている内容について基礎知識がなければ、
そもそも読書にならず、
指でページをめくっているにすぎない。

そういう指の運動を速読とは言わない。

逆に基礎知識が身についているならば、
既知の部分を何度読んでも時間の無駄だ。

新たな本を読むとき既知の内容に関する部分は読み飛ばし、
未知の内容を丁寧に読む。

このように速読を行うことによって
時間をかなり圧縮することができる。

◆正しい方法論を確立するために重要になるのは、
時間という制約要因について、
常に頭に入れておくことだ。

◆人間50歳を過ぎると、
そろそろ人生の残りの時間が気になりはじめる。

どんなに努力しても、
知りたいことの大部分について、
諦めなくてはならない。

しかし、
そう簡単に諦めたくない。

そのときに役立つのが読書だ!

他人の経験、知的努力を、
読書によって自分のものにする
のだ。

正しい読書法を身につければ、
人生を2倍、3倍豊かにする
ことができる。

◆新しい情報をインプットする時間を
1日に最低4時間は確保するようにしている。

◆時間が人間にとっての最大の制約条件

なぜ、読書術が知の技法のいちばん初めに
位置づけられなくてはならのか?

それは、
人間が死を運命づけられている存在だからだ。

そのために、
時間が人間にとって最大の制約条件になる。

◆「熟読」の技法

  1. まず本の真ん中くらいのページを読んでみる【第一読】
  2. シャープペン(鉛筆)、消しゴム、ノートを用意する【第一読】
  3. シャープペンで印をつけながら読む【第一読】
  4. 本に囲みを入れる【第二読】
  5. 囲みの部分をノートに写す【第二読】
  6. 結論部分を3回読み、もう一度通読する【第三読】

▶熟読の要諦は、同じ本を3回読むこと
基本書は最低3回読む

第1回目 線を引きながら通読
第2回目 ノートに重要箇所を抜書き
第3回目 再度通読

熟読できる本の数は限られている。
熟読する本を絞り込むために、速読が必要になる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする