0葬 – あっさり死ぬ

宗教学者、作家、劇作家の
島田 裕巳さんの著書です。

遺族へ迷惑をかけない
逝き方に悩むあなたに
必読の「終活」入門書!

日本人は葬式と墓代を含めると
500万円もかけている、
0葬」なら10万円ですむ…

といったことが語られています。

日本の火葬場では遺骨が残るように
火力を調整しているそうです。

外国では、火葬するときに火力を
強くして遺骨が残らないようにしている
ところもあるようです。

そして、お葬式は火葬場まで行ったら終わりだそうです。

日本の葬儀代は世界一。

葬式や墓に何百万も
かける必要が本当にあるのでしょうか?

遺族が散骨を行う「マイ自然葬」、
そして葬儀をせず遺骨すら受け取らず、
墓も作らない「0葬」へと
時代は確実に進んでいます。

超高齢化が進み、死者を葬り、
弔うことへの意識は昔と大きく
変化してきました。

もはや死後、
遺体を適切に処理するだけで十分なのでは…

目次

第1章 人を葬ることは相当に面倒である
第2章 なぜ葬儀や墓はこんなにも厄介になったのか
第3章 生老病死につけこむ資本の論理
第4章 死者が増えるから葬儀で儲けようとする人々が次々とあらわれる
第5章 世間体を気にするがゆえに資本の論理につけこまれる
第6章 仏教式の葬儀は本当に必要なのか
第7章 マイ自然葬、そして究極の0葬へ
第8章 人は死ねばゴミになる

Amazonへ移動する…

book53

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする