ありがとうの神様

ありがとうの神様 (小林 正観)

2011年10月逝去された
東京生まれの作家小林 正観さんの著書です。

学生時代から人間の潜在能力やESP現象、
超常現象に興味を持ち、心学などの研究を行う。

講演は、年に約300回の依頼があり、
全国を回る生活を続けていた…

40年の研究で伝えたかった
ベスト・メッセージ集!

神様が味方をする71の習慣!

神様が宿る言葉
「ありがとう」を言い続けた
小林正観さんが40年間の研究の末に
行きついた人生の本質とは?

人間関係、仕事、お金、子ども、病気、
運、イライラ、男女すべての悩みが解決する…

  • 朝、「ありがとう」を言うと、脳が1日中その現象を探そうとする
  • お金が「4倍」入ってくる使い方がある
  • 悩みを3秒でなくす方法、「すべてを受け入れる」
  • 病気が治った人の共通点は「病気になってよかった」と感謝した人
  • 自分の子どもを「天才」に育てる方法がある
  • 10 年単位で長生きする人は「私はまだ若い」と思っている人
  • 究極の愛の形は「ただ、相手のそばにいてあげる」こと
  • 「神様はキレイ好き」。見た目・心・身のまわりがキレイな人を応援する

目次

第1章:否定しない、怒らない、イライラしない
第2章:喜ばれる存在になる
第3章:「お金」に好かれる習慣
第4章:「子ども」が輝く子育て
第5章:病気は身体からのメッセージ
第6章:「ありがとう」の奇跡
第7章:人間関係が楽しくなる
第8章:すべてを受け入れる
第9章:「神様」を味方にする

Amazonに移動する…

book531

MEMO

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする