ビジネス書を読んでもデキる人にはなれない

ビジネス書を読んでもデキる人にはなれない by 漆原 直行

漆原 直行

1972年、東京都生まれ。
大学在学中からライター業を始め、トレンド誌や若手サラリーマン向け週刊誌などで取材・執筆活動を展開。
これまでにビジネス誌やIT誌、サッカー誌の編集部、ウェブ制作会社などを渡り歩きながら、さまざまな媒体の企画・編集・取材・執筆に携わる。
現在はフリーランスの編集者・記者として雑誌やウェブ媒体の制作に従事…

本書で語られるのは、
ゼロ年代ビジネス書の総括から、
出版業界の裏側、振り回される読者の実態、
ビジネス書との賢い距離感の探り方、
自己啓発・成功本における定番ストーリー解読、
古典的ビジネス書のエッセンスまで…
いわば「ビジネス書の攻略本」ともいえる充実の内容

目次

第1章 ゼロ年代のビジネス書幻想

ビジネス書で扱われるトピックはバリエーション豊富/
ビジネス書は低迷する出版市場の救世主?/
不況だからこそ売れる「ビジネス書」/書き手不足……とはいうものの/
ベストセラーランキングで振り返るゼロ年代ビジネス書の歩み

第2章 ビジネス書の掟と罠

自己啓発系ビジネス書のクラスチェンジ/本の薄利多売戦略を支えるジャンル/
自己啓発・成功本におけるお約束のストーリー/自己啓発のルーツを辿る/
イデオロギーとしてのポジティブシンキング/
『学問のすゝめ』と並ぶベストセラー『自助論』/
もはや教典の域に達した『7つの習慣』/『7つの習慣』のエッセンスを知る/
ビジネスシーンに多大な影響を与える『7つの習慣』/
アメリカ的自己啓発のビッグビジネス/
どこか唐突だった「ライフハック」ブーム/「Getting Things Done」という概念/
ライフハックと自己啓発の類似性/日本におけるライフハックの牽引役とは?

第3章 「ビジネス書」というビジネス

ビジネス書は斜陽産業を支える“優良商材”!?/大手出版社よりも中小出版社に注目/
「良本であれば余計なことをせずとも売れる」という奢り/
売れてしまえばこちらのもの……かもしれないけど/ヒットしている本をパクれ!?/
ビジネス書を書きたがる理由/パーソナルブランディングとしてのビジネス書作家/
ビジネス書作家になりたい人たち/ビジネス書作家エージェント/
コンサルタントの怪気炎/売るための努力を怠らないビジネス書村の住人

第4章 ビジネス書に振り回される人々

年収が高い人ほどビジネス書を読んでいる……とはいうものの/
現場のビジネスマンたちの証言から見えてきたもの/
「どんどん読んでアウトプットせよ!」というアジテーション/
“無い袖”をムリに振ってでも読まなきゃダメ!?/
ビジネス書を読むのは「置いていかれたくない」から/
そして今日も、ビジネス書は不安感を煽る

第5章 “そこそこ”賢いビジネス書とのつき合い方

「意識の高いビジネスパーソン(笑)」のようなもの/「ビジネス書中毒」からの生還/
そもそも、なんのために読むんだっけ……?/結局、本質はいまも昔も変わらない/
スタイルばかり真似したところで……/「自己啓発」という名の麻薬/
「量よりも質」を重視した読書/目次は途中や読後にも読むべし/
内容にツッコミながら読む愉しみ/読むんだったら日本の偉人本・社長本

第6章 ビジネス書を読んでもデキる人にはなれない

「成功」ってなんなのさ/「いま、目の前にある仕事」を粛々と……/
ビジネス書を書く資格/ビジネス書からの「卒業」

ビジネス書を読んでもデキる人にはなれない

ビジネス書を読んでもデキる人にはなれない

Amazonに移動する…

MEMO

ビジネス書を読んでもデキる人にはなれない

◆有能な実務者、
優れたビジネスパーソンには、
たしかにビジネス書を読んでいる人が少なくない。

でも、ビジネス書を読んでいるから成功したワケではない。

自分なりに目的や問題意識を抱き、
視野を広く持ち、
何事も貪欲に吸収してやろう…

といったことを強く意識しているから、
本もよく読んでいる、
というだけのこと。

そういう人は、
本を読むことに限らず、
誰かの話を聞いたり、
問題や目標に対して
どう取り組めばよいか熟考したり、
失敗をいとわず試行錯誤を繰り返したりという
取り組みを日ごろからしている。

その方策のひとつとして、
読書も取り入れているにすぎない。

◆時間管理のマトリックス

私たちのすべての行動を
「緊急度」と「重要度」という2つの軸によって
4つの領域に分けることができる。

▶第1領域(緊急を要する&重要である)☆
・締切のある仕事
・クレーム処理
・せっぱつまった問題
・病気や事故
・危機や災害

▶第2領域(緊急ではない&重要である)★
・人間関係づくり
・健康維持
・準備や計画
・リーダーシップ
・真のレクリエーション
・勉強や自己啓発
・品質の改善
・エンパワーメント(権限を与えること、自信を与えること、力を付けてやること…)

▶第3領域(緊急を要する&重要でない)
・突然の来訪
・多くの電話
・多くの会議や報告書
・無意味な冠婚葬祭
・無意味な接待やつき合い
・雑事

▶第4領域(緊急でない&重要でない)
・暇つぶし
・単なる遊び
・だらだら電話
・待ち時間
・多くのテレビ
・その他の意味のない活動

◆「7つの習慣」とは?

▶私的成功

第1の習慣:主体性を発揮する
自己責任の原則。自分の弱点や短所に気づき、それらへのアプローチを変えてみる。「自分を変えよう」という意見を持つこと。

第2の習慣:目的をもって始める
自己リーダーシップの原則。「こうなりたい」「こうしたい」という自分が望む状態(目的)を想像して、そのためにどうすればよいかを考えていく。

第3の習慣:重要事項を優先する
自己管理の原則。目的に合わせた時間の使い方をマスターする。重要なことを見極めて、優先順位を把握する。

▶公的成功
・第4の習慣:Win-Winを考える
・第5の習慣:理解してから理解される
・第6の習慣:相乗効果を発揮する

▶再新再生
・第7の習慣:刃を研ぐ

◆デール・カーネギー「人を動かす」で解説される原則

人を動かす3原則
・批判も避難もしない。苦情も言わない
・素直で、誠実な評価を与える
・強い欲求を起こさせる

人に好かれる6原則
・誠実な関心を寄せる
・笑顔で接する
・名前は、当人にとって、最も快い、最も大切なひびきを持つことばであることを忘れない
・聞き手にまわる
・相手の関心を見抜いて話題にする
・重要感を与える…誠意をこめて

人を説得する12原則
・議論に勝つ唯一の方法として議論を避ける
・相手の意見に敬意を払い、誤りを指摘しない
・自分の誤りをただちにこころよく認める
・おだやかに話す
・相手が即座に「イエス」と答える問題を選ぶ
・相手に思いつかせる
・人の身になる
・相手の考えや希望に対して同情を持つ
・人の美しい心情に呼びかける
・演出を考える
・対抗意識を刺激する

人を変える9原則
・まずはほめる
・遠まわしに注意を与える
・まず自分の誤りを話したあと、相手に注意を与える
・命令をせず、意見を求める
・顔を立てる
・わずかなことでも、すべて、惜しみなく、心からほめる
・期待をかける
・激励して、能力に自信を持たせる
・喜んで協力させる

◆ナポレオン・ヒル「思考は現実化する」より願望実現のための6カ条

  1. あなたが実現したいと思う願望を「はっきり」させること。単にお金がたくさん欲しいなどというような願望設定は、まったく無意味なことである。
  2. 実現したいと望むものを得るために、あなたはその代わりに何を「差し出す」のかを決めること。この世界は、代償を必要としない報酬など存在しない。
  3. あなたが実現したいと思っている願望を取得する「最終期限」を決めること。
  4. 願望実現のための詳細な計画を立てること。そしてまだその準備ができていなくても、
    迷わずにすぐ行動に移ること。
  5. 実現したい具体的願望、そのための代償、最終期限、そして詳細な計画、以上の4点を紙に詳しく書くこと。
  6. 紙に書いたこの宣言を、1日に2回、起床直後と就寝直前に、なるべく大きな声で読むこと。このとき、あなたはもうすでにその願望を実現したものと考え、そう自分に信じ込ませることが大切である。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする