はじめての選択理論

人間関係をしなやかにする たったひとつのルール はじめての選択理論 by 渡辺 奈都子

渡辺 奈都子

神栄カウンセリングセンター・心理カウンセラー。
日本女子大学文学部教育学科卒業後、1993年よりリアリティセラピーを学び、以来、米国シニアインストラクター柿谷正期、柿谷寿美江に師事。
カウンセリングの領域ではリアリティセラピーを用い、教育、ストレスマネジメント、セルフコントロール等の様々な分野への適用に携わる。
1996年、夫と共に神栄カウンセリングセンターを開設。
1997年、リアリティセラピーのファカルティメンバーとしての国際資格を取得(2012年現在国内最年少講師)。

ビジネスから、教育現場、家庭、恋愛まで世界62カ国で学ばれる今注目の心理学。日本初の一般入門書。

目次

【第1部 2つの島の物語】

第1章 人間関係を決めるたったひとつの違い
・ 異なる心理学を使う2つの島で
・ 人間関係の背後にある2つの心理学

第2章 外的コントロール島の悲劇
・ なぜ「期待」は「コントロール」に変わるのか?
・ 人間関係を破壊する外的コントロール心理学の3つの信条
・ なぜ「相手は私の言うことをきくはずだ」と錯覚するのか?
・ 人間関係を破壊する致命的な習慣とは?

第3章 選択理論アイランドの人間関係の秘訣
・ のびのびと穏やかな日常を過ごすための習慣とは?
・ 選択理論アイランドに移住するための条件とは?
・ ほめてあげれば人は動く……のか?
・ 結局、自分が我慢するしかない……のか?

【第2部 選択理論・超入門】

第4章 自分自身を上手にコントロールするために
・ 人の行動のメカニズム
・ 「怒り」も「落ち込み」も選択している
・ 〈落ち込み行動〉を選択するメリット
・ 怒りのはじまりとセルフコントロール
・ 怒りの習慣から脱出する方法
・ とっさに出る無意識の行動に対処するには?
・ 感情に支配されない自分になるために

第5章 もっと楽になる自分の生かし方
・あなたを駆り立てる遺伝子の正体とは?
<欲求のプロフィールチェックリスト>
・ 欲求の強弱でわかる「あなたが得意なこと&苦手なこと」
・ 〈上質世界〉自分だけの理想のアルバム
・ 欲求は満たさずにはいられない

第6章 より良い人間関係を築くために
・ 人間関係における3つのストレス
・ 快適な人間関係のレッスン1 リクエストの極意
・ 快適な人間関係のレッスン2 相手の〈上質世界〉に入る
・ 快適な人間関係のレッスン3 コントロールしない・されない関係
・ 快適な人間関係のレッスン4 相手の〈上質世界〉を傷つけない
・ 快適な人間関係のレッスン5 愚痴や不満で大切な関係を壊さない
・ 〈外的コントロール〉を手放すために

第7章 自分を幸せにする秘訣
・ 選択理論を実践するということ
・ 自分を変える三つの方法
・ それは、本当のストレス解消か?
・ 過去の犠牲者にならない選択
・ 他人や状況に振り回されない生き方
・ 自分の機嫌に責任を持つ
・ 世界に広がる選択理論

はじめての選択理論

はじめての選択理論

Amazonに移動する…

MEMO

はじめての選択理論

◆他人や状況に振り回されない生き方

他人と過去は変えられない。

自分と未来は変えられる。

◆自分を変える3つの方法(選択理論)

  1. 行動を変える
  2. 願望を変える
  3. 見方を変える

※大前研一さんの人間が変わる3つの方法

  1. 時間配分を変える
  2. 住む場所を変える
  3. つきあう人を変える

◆気が合う人を見つけるためには、
自分の「上質世界」に入っているものを
分かち合うことが大切である。

◆アサーティブ(主張的)なコミュニケーション

相手のことを配慮しながら、
自分の伝えたいことを素直に表現する方法。

アサーティブの核となるのは、
「自分も相手も大切にする」ということ。

自分の気持ちや信念を大事にしながら、
その場にふさわしい表現を選ぶ。

◆人が不幸を感じる理由

  1. あなたがしてほしいことを相手がしれくれない
  2. 誰かがあなたにしたくないことをさせようとしている
  3. 前出の両方
  4. 自分のしたくないことを自分にさせようとしている

◆「自由の欲求」が強い場合

このタイプの人は、
ルールや管理体制の厳しい組織にいると、
とても居心地悪く感じるし、
誰かの指示通りにしなくてはならない
環境ではやる気になれない。

さらには、
時間やお金に縛られることなく、
どのタイミングで何をするのかをすべて自分で
決めることができたら幸せだろう…。

そんなイメージを思い馳せる。

◆「自由の欲求」の強弱から分かること

自由の欲求の特徴は、
・自分で決めたい
・自分で選びたい
・束縛されたくない
というもの。

つまり、
「自由の欲求」は
「自分で自分のハンドルを握りたい!」
と思う欲求である。

◆およそ人を扱う場合には、
相手は感情の動物だと心得ておかねばならない

ナポレオン・ヒル

◆「怒り」は「感情」だが、
「怒る」ことは4つの要素を使っている
「怒り行動」である。

◆「イラッ!」としたり、
「ムカッ!と感じるのは、
大きく分けて2つある。

  • 自分のしてほしいことを相手がしてくれないとき
  • 自分のしたくないことを相手がさせようとしているとき

◆「落ち込み行動」は、
怒りを抑えるために人間が考えついた
最も強力な方法のひとつである。

◆前輪である「行為」と「思考」が変われば、
少しタイムラグはあるかもしれないが、
必ず「感情」と「生理反応」に変化が生じる。

◆操作できる前輪・直接は操作できない後輪

行動を構成する4要素(行為・思考・感情・生理反応)が
4つのタイヤであると考える。

前輪に「行為・思考」があり、
後輪に「感情・生理反応」が配置されている。

4つのタイヤのうち、
ドライバーが操作できるのは前輪(行為・思考)だけ。

後輪(感情・生理反応)は、
前輪が向かった方向についてくる。

自分の意思で直接コントロールできるものは、
「行為」と「思考」という前輪。

前輪はハンドルを動かすことで向きを変えることができる。

後輪に相当する「感情」と「生理反応」は、
前輪の向きに伴ってついてくるもので、
直接方向を変えることはできない。

つまり、
後輪である「感情」と「生理反応」を変化させるためには、
前輪の「行為」と「思考」を
コントロールしなくてはならない。

◆行動には4つの要素がある

私たちの行動には必ず
「行為」「思考」「感情」「生理反応」
の4要素が存在している。

  • 行為:外から見て分かる動作や表情
  • 思考:頭の中で考えること、イメージすること
  • 感情:快/不快、気分や気持ち
  • 生理反応:身体反応、体内のコンディション

◆選択理論

すべての行動には目的があり、
人は自分の行動を自ら選んでいる。

幸福というものは、
私たちが自分の行動に対して、
喜んで責任をとるときに
最も多くやってくる。

◆私は自分だけを変えることができる。

相手(他人)を変えることはできない、
コントロールできるのは自分だけ。

◆関係を良くする「身につけたい7つの習慣」

  1. 耳を傾ける
    相手の話をよく聞く
  2. 励ます
  3. 尊敬する。敬意を払う
  4. 受け入れる
    「あきらめる」とか「すべてについてOKする」という意味ではない
  5. 違いを交渉する。調整する。話し合う
  6. 信頼する
  7. 支援する

「耳は尊く内は紳士」で覚えるとよい

みみ:耳を傾ける
:励ます
:尊敬する
:受け入れる
ちは:違いを交渉する
しん:信頼する
:支援する

—————————————-
◆関係を破壊する「致命的な7つの習慣」

  1. 文句を言う
    「うるさい!」「まったくもう」「なんだよ!」「ふざけんな」「はあ?」
  2. 脅かす
    「そんな子はもう知らないよ。置いていっちゃうわよ」
  3. 責める
    「こうなったのはあなたのせいよ!」
  4. 罰を与える
    晩ごはん抜き、小遣いダウン、閉め出す、廊下に立たせる
  5. 批判する
    「そんなんじゃダメだよ」
    「どうしてそんなこともできないの!」
  6. 褒美で釣る
    「☓☓できたら、○○買ってあげる」
    「○○してあげるから、☓☓しなさい!」
  7. ガミガミ言う
    ガミガミ、くどくど、ねちねち…
    同じことを繰り返し繰り返し伝える。

「門おせば悲報が」で覚えるとよい。

もん:文句を言う
:脅かす
:責める
:罰を与える
:批判する
ほう:褒美で釣る
:ガミガミ言う

◆私たちは誰かに支配されたとは思わない。

だから、たとえ夫婦でも親子でも、
相手のオーナーになることはできない。

◆外的コントロールには、次の3つの信条がある

  1. 私は外側からの簡単なシグナルに反応して行動する
    これは「電話が鳴ったから電話に出た」「ベルが鳴ったからドアを開けた」「信号が赤だったので止まった」というような考え方を示している。
  2. 「私は、人がしたくないことでも、自分の思うようにさせることができる」「他の人も、私の行動、思考、感情をコントロールすることができる」
    第二信条をわかりやすくすると、「私(相手)が○○すれば、必ず、相手(私)は○○になる」という方程式で説明できる。「私が○○すれば、相手は○○になる」「相手が○○したから、私は○○になった」こう考えていると、自分の人生の舵を自分で握ることができない。これは自分にとっても相手にとっても、自由を失う考え方である。
  3. 「私の言う通りにしない人をバカにし、脅かし、罰を与える、あるいは、言うことを聞く人に褒美を与えることは正しいことであり、私の道義的責任である」
    この第三信条が最も問題で、これによって多くの不幸が起こっている。第三信条には、「私の正しさ」「私の道義的責任」が含まれている。この「私の正しさ」が、「期待」と紙一重であり、いつの間にか変換されてしまう危険がある。

◆選択理論を採用している人は、
「あの人が文句ばっかり言うから、私は1日憂うつでしょうがない…」
とは考えず、
「あの人は文句ばかりだけど、私はできることをして元気に過ごそう」
と考える。

「こんな上司の下じゃ、何をやったってダメだし…」ではなく
「今の状況の中で、自分にできることって何だろう…」
という視点で行動する。

◆外的心理学とは異なる、
もうひとつの心理学がる。

それが「選択理論」である。

こちらは
「人は自分の行動しかコントロールすることはできない」
と捉える理論である。

選択理論では、
「私たちは自分で自分の行動を選んでいて、
その行動には自分なりの目的がある」
と考える。

選択理論では
「人は内側から動機づけられおり、
自分の願っているもの(=目的)を
手に入れるために行動している」
と説明できる。

そして
「自分が相手にしたり言ったりすることは、
数ある情報のひとつに過ぎず、
それに対して、
どんな行動や態度を選択するかは
相手次第である」
と考える。

これは、
自分と相手の立場をひっくり返しても
同じこと。

こう考えると、
自分は他者からコントロールされているわけではないし、
自分も相手も思うようにコントロールすることはできない、
ということになる。

◆私たちは少なからず
「自分のことは自分で決めたい」
「他者から強制・管理されたくない」
と思っている。

なので、
外的コントロールの考え方を土台にして
相手に近づくと、
その人は遠ざかったり、
逃げ出したり、
あるいは「コントロールされないぞ!」
と強く抵抗したりする。

外的心理学のもとでは、
人間関係が悪化したり、
ひどい場合は関係が断絶する
可能性が非常に高い。

◆人間関係のあり方を決める「たったひとつの違い」とは?

ある専門家が、
2つの島の違いについて調べた。

2つの島の人たちを比べてわかったことは、
職業や収入、地位、家柄、学歴には、
ほとんど差がないこと。

しかし、
ひとつだけ大きな違いがあった。

それは、
それぞれの島の人たちが
「信じていること」
が異なっていた、
ということ。

外的コントロール島の人は、
「私は、相手をコントロールすることができる」
と信じている。

それに対して、
選択理論アイランドの人は
「私は、自分だけをコントロールすることができる」
と信じていた。

◆外的コントロールとは
相手を外側から変えようとすること。

選択理論は、
あなたの人間関係を今よりも快適にする
方法を教えてくれる。

外的コントロールの代わりに、
あなたの幸せ支えてくれる。

それは、
したいことを我慢したり、
崖から飛び降りるような
チャレンジが必要な方法ではない。

あなたの普段の生活の中の、
ほんの小さな選択を変えることから
スタートできる。

選択理論を取り入れることで、
頑張りすぎることなく、
自分らしさを発揮して、
強くしなやかな人間関係を
築くことができる。

◆私たちが抱える悩みの90%以上は、
人間関係の問題だと言われいる。

選択理論は、
あなたの人間関係を今よりも
快適にする方法を教えてくれる。

選択理論を取り入れることで、
頑張りすぎることなく、
自分らしさを発揮して、
強くしなやかな人間関係を
築くことができる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする