人生は「2周目」からがおもしろい

人生は「2周目」からがおもしろい by 齋藤 孝

齋藤 孝
1960年静岡県生まれ。
東京大学法学部卒業後、同大大学院教育学研究科博士課程等を経て、明治大学文学部教授。
専門は教育学、身体論、コミュニケーション論。
ベストセラー作家、文化人として多くのメディアに登場。著書多数。

人生100年時代、50歳こそ飛躍のチャンスです。
新鮮な好奇心が涌き続ける考え方・動き方。教養・心身の「軽さ」・地位・お金・雑談・モテ・旅…新しい発見と可能性が広がるヒント。

目次

1章 心の庭に「うつの雑草」が伸びていませんか?
2章 1周目でたまった「重さ」を取り除く
3章 「身体の固さ」を取ると心が柔らかくなる
4章 毎日の「向上感」が新しいアイデンティティをつくる
5章 「お金」の考え方、使い方を整理する
6章 節度ある「雑談力」が人間関係を豊かにする
7章 好奇心、感動–2周目で初めてわかる楽しさがある
8章 学校教育を回収して「真善美」を追求する

人生は「2周目」からがおもしろい

人生は「2周目」からがおもしろい

▶Amazonに移動する…

MEMO

人生は「2周目」からがおもしろい

◆小人閑居して不善をなす

「小人」とは大したことのない人物という意味で、
立派な人格者である「君子」と対比させて使われる言葉。

「小人」は暇があると、
ろくなことをしない。

働かないのはまだいいとしても、
暇と時間を持て余した人物は、
たいていなにか「不善」、
すなわちよからぬことをしでかすものである。

特に、高齢者の方は
小人閑居して不善をなす
といったことをしないように肝に銘じるべき。

◆自分の子どもにはと、
自分の力で稼げる教育を与えればいい。

これが親が子どもにしてあげられることである。

下手に自分の財産を子どもに残さないこと。

財産があるならすべて寄付すべき。

◆お金は人生の充実感に
必ずしも直結していない。

むしろそれにとらわれることで
私たちは不自由で窮屈な生活をしている。

◆50歳からの人生後半は「自己承認」によって
真に自立した人生を取り戻す時期である。

◆50歳からの人生後半は、
他者承認から自己承認へとシフトする

幸せに生きるためには
「他者承認欲求」は不要であり、
むしろ妨げになる。

「他者承認」に気を取られると、
他人の評価を気にして、
その評価を得るために生きるようになる。

それでは自分の人生を生きていることにはならない。

本当の幸福に至ることができない。

大事なのは他者の評価に依存せず、
自分の中の尺度、
価値観に従い、
自分で自分を評価する力をつけること。

人生の前半、50歳までは「他者承認」=「他者評価」が主流であり、
他者に認められるかどうかが一番の課題であった。

50歳からの後半では、
他者承認から自己承認へとシフトすべき。

◆優先順位を明確にする

自分にとって何が一番大切か?

どんな時間が一番大事か?

優先順位を明確にすることが重要!

また、何かを選択するときは
どうしても譲れないものは何か」を
明確にして判断基準を持つと即断即決できる。

◆「原因と結果の法則」の著者であるジェームズ・アレンは、
人間の心を「庭」に例えて心の扱い方を解説している。

仕事も「心の庭」と同じである。

放っておくと雑草が生え、
一杯になってしまう。

意識して不要な仕事、
無駄な仕事を整理して、
スッキリさせる必要がある。

◆愚か者、普通の人、一流の人の違い…

愚か者は簡単な仕事を複雑にする。

普通の人は普通の仕事を普通にこなす。

一流の人物は難しい仕事をシンプルにこなす。

◆給与を天引きするように、時間も天引きする生き方をする

まず自分の時間を確保し、残った時間で仕事をする。

人生100年時代となったいま、
50歳からの後半は「仕事」より「自分の時間」を優先する。

よく、
今日できることは今日やれと言われる。

でも、
それはどんどん仕事を抱えて
余裕をなくしてしまうことにつながる。

50歳からの後半人生では、
「今日やらないといけないことだけ今日やる。
明日でいいことは明日に回す」というふうに考え方を変える。

これにより仕事と時間に余裕ができる。

コツは、
年初など最初に休む日、
仕事をしない日を確保してしまう。

残りの時間で仕事をこなすようにする。

給与から天引きをして積み立てると
お金が貯まるように、
時間も天引きする。

忙して休む暇がない人は、
何のことはない、
時間の使い方が下手なだけなのだ。

◆頑張りすぎが一番よくない!

仕事のしすぎ、
無理はよくない。

ギリギリのスケジュールで
働くのが一番よくない。

私たちには
余裕時間」が必要である。

◆「課題の分離」ができていないと思わぬ落とし穴に…

「自分の課題であるかどうか?」というのは、
コントロール可能かどうかと少し似ている。

なにか問題があったとして、
それが果たして自分の課題であるのか?

それとも他者の課題なのか?

それを混同することで問題をより複雑にして、
悩み=荷物をたくさん抱えてしまう。

これがアドラー心理学の
課題の分離」という考え方である。

本来他人の課題や問題を、
まるで自分の問題のように考えてしまうことが、
私たちの身の回りには多い。

それによって相手の問題に土足で踏み込んだり、
逆に相手が自分の問題に対して土足で踏み込んできたりする。

人間関係のゴタゴタの多くも、
課題の分離がうまくできていないことから起こる

何か問題が起きたときに、
「課題の分離」を適用してその問題を整理する。

すると、
本当に自分で考えて取り組むべき問題
というのは多くないことに気づくはず。

「自己コントロール不可能な問題」、
他者の課題」を自分の荷台からおろす。

◆コントロールできない「問題」は忘れる

何か問題が起きたときに、
それが自分で「コントロール可能な問題であるか?
自分の「課題であるかどうか?」を考える。

何か問題が起きたときに、
それが自分が努力したり注力することで解決する、
あるいは改善する問題かどうかを考える。

たとえば、
明日の天気が晴れか雨か、
いくら心配したところでどうすることもできない。

自分の力ではどうすることもできない問題を
くよくよ悩んでも仕方がない

◆人生は後半がおもしろい

学ぶことのおもしろさと価値を知り、
そこから仕事やお金、地位、教養、人間関係、旅など、
人生を「前半」とは一味違った視点から見直す
「フェアな審判力」を磨き上げ、
仕事やいろいろなことに新鮮な好奇心や感動、
向上感をもって挑むことができる。

それが50歳からの「後半」である。

◆50歳を過ぎると、
軸足を完全に「ビジネス社会」や
「他者からの評価」に置かなくてよくなる。

つまり、
他者からの評価一辺倒ではなく、
人生の前半(50歳まで)で経験を積んで養ってきた
客観的な評価眼を生かして、
仕事ややりたいことを見直せるようになる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする